通水管|藤井聡太七段が朝日杯を連覇 

 将棋の第12回朝日杯オープン戦の決勝が16日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、史上最年少棋士の藤井聡太七段(1通水管6)が渡辺明棋王(34)を破り、2連覇を飾った。 朝日杯の連覇は2014~16年度に3連覇した羽生善治九段(通水管48)以来2人目。【写真】準決勝で行方尚史八段(左)に勝利し、決勝進出を決めた藤井聡太七段 準決通水管勝で第1回優勝者の行方尚史八段(45)を破った藤井七段は、決勝でも渡辺棋王を撃破。永世竜王、永世棋王資格保持者で通水管期も藤井戦まで34勝8敗と絶好調だった第一人者に勝ち、さらに実力を証明した。対局前は「渡辺棋王は充実しているので通水管、こういった舞台で指せることは楽しみです。全力を尽くしてぶつかりたいです。大変な強敵なので(連覇は)意識せず、挑通水管戦者の気持ちで」と抱負を語っていた。 朝日杯は持ち時間各40分の早指し棋戦。ファンの前で指す公開対局で行通水管われた。藤井七段は昨年は羽生善治九段(48)、広瀬章人竜王(32)を破って史上最年少の棋戦優勝を達成していた。 #=========#

通水管|田中実さん平壌に田中実さん平壌に

北朝鮮による日本人拉致問題を巡り、政府が被害者に認定している兵庫県神戸市の元ラーメン店員田中実さん=失踪当時(28)=が結婚し平壌(ピ通水管ョンヤン)で妻子と共に生活していると、北朝鮮が日本側に伝えていたことが2月15日、分かった。2014年以降の両国の接触で複数回、伝えて通水管た。政府が「拉致の可能性を排除できない」としている田中さんと同じラーメン店の店員だった金田龍光さん=同(26)=にも「妻子がいる」と伝通水管。日本政府関係者が明らかにした。 拉致被害者の田中実さんと、拉致の可能性が疑われる特定失踪者の金田龍光さんが、平壌(ピョンヤン通水管で妻子と暮らしているという情報が日本側に伝わってきたことを受け、福井県内の特定失踪者家族は「私たち家族も希望が持てる」と話した。一方、通水管関係者からは「北朝鮮は情報を小出しにし、日本の反応を見ている可能性もある。これまで通り拉致被害者全員の一括帰国を求める姿勢を貫くべき」通水管の声もあった。 福井県敦賀市の特定失踪者、山下貢さん=1989年失踪当時(39)=の妹山森啓子さん(65)は「情報が正しいなら通水管拉致被害者は日本政府認定の17人以外にもいるということ。(特定失踪者の金田さんと)兄は同じ立場であり、前向きにとらえたい」と話した。 #=========#

通水管|平成改元、見送りの20案

昭和天皇逝去に伴う1989年の改元で、政府から新元号案づくりを依頼され通水管た一人とされる故目加田誠・九州大名誉教授(中国文学)が案を記した、肉筆通水管モが見つかった。走り書きのため読み解けないものもあるが、最終段階で採用通水管が見送られたという「修文」を含む20案が確認できる。メモを所蔵する福岡通水管大野城市は「知られずにいた多数の元号案の存在が分かる、貴重な史料」とし通水管ている。 大野城市によると、メモは原稿用紙と便箋計9枚。万年筆通水管どで書いた「大成」「天昌」といった案が並んでいた。出典や該当部分の漢文通水管が添えられていたり、優先順位とみられる番号が振られていたりしている。 #=========#

通水管|古代史学者の直木孝次郎さん死去

戦後の古代史研究をリードし、遺跡の保存運動にも力を尽くした大阪市立大学名誉教授の直木孝次郎(なおき・こうじろう)さんが、2日に老衰で亡くなっていたこと通水管がわかった。100歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長女東野美穂子さん。【写真】直木孝次郎さん 1919年、神戸市生まれ。京都帝国通水管学(現京都大学)卒。大阪市立大学、岡山大学、相愛大学などの教授を歴任した。 戦前の歴史観の原典となった日本書紀や古事記への史料批判を通じ、実証通水管重視した古代史研究を進めた。研究対象は幅広く、古代氏族や天皇制などについて論文を数多く発表。1964年には、古墳時代に大阪の河内平野に台頭した勢力が、通水管良の大和盆地を拠点とした政権を倒し、新たな政権を打ち立てたとする「河内政権論」を提唱し、注目された。 大阪市の難波宮(なにわのみや)跡など全国通水管の重要な遺跡の保存や検証に積極的に取り組んだ。89年に大阪文化賞を受賞したほか、2000年には文化財保護の活動を顕彰する和島誠一賞の第1回受賞者に選ば通水管た。03年にはその幅広い活動に対し、井上靖文化賞が贈られた。 万葉集にも関心を持ち、自身でも歌集を出したほか、晩年には、海軍士官として終戦を迎通水管た戦争への思いを朝日歌壇に度々投稿した。戦後70年たった15年に入選した「特攻は命じた者は安全で命じられたる者だけが死ぬ」は、朝日歌壇賞を受賞した。 #=========#

通水管|錦織 惜敗で決勝進出ならず、

男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)は16日、シングルス準決勝が行わ通水管れ、第1シードの錦織圭は世界ランク68位のS・ワウリンカ(スイス)に2-6, 6-4, 4-6のフルセットで敗れ、今季2度目の決勝進通水管とはならなかった。【錦織 ワウリンカは「素晴らしい」】錦織は序盤から四大大会3勝を誇るワウリンカの強打に苦しみ、第2通水管ゲームでパッシングショットを決められてブレークを許す。第4ゲームではネットプレーで攻撃的な姿勢を見せたがミスを重ねて再びブレークされ通水管と、第7・第8ゲームも連取されて第1セットを落とす。第2セットはファーストサービスが入った時のポイント獲得率を60パーセント通水管台に上げた錦織はゲームカウント4-0とリードする好スタートを切ると勢いに乗り、セットカウント1-1に追いつく。ファイナルセッ通水管は両者互角の打ち合いから、第10ゲームでブレークを許して準決勝で力尽きた。一方、勝利したワウリンカは、決勝で世界ランク33位通水管のG・モンフィス(フランス)と対戦する。モンフィスは準決勝で第5シードのD・メドヴェデフ(ロシア)を逆転で下しての勝ち上がり。 #=========#

通水管|近所へ外出した認知症のタイ人女性

近所で暮らす息子に会うために外出し、640キロもの道のりを歩いて中国に入国していたとみられる認知症の女性(59)が通水管15日、8か月ぶりにタイへ帰国した。【写真】タイに戻り、親戚と再会し抱き合う女性 丘陵地帯で暮らす通水管カ(Akha)と呼ばれる少数民族出身の女性は昨年6月12日、ラオスとミャンマーと国境をまたぐ「黄金の三角地帯(Go通水管lden Triangle)」の一画であるタイ北部チェンライ(Chiang Rai)県の自宅から行方不明になったと通水管じられていた。 だが女性は、中国南部の昆明(Kunming)で1月末に発見された。タイの身分証を所持してい通水管ため、当局によるタイ領事館への迅速な通報につながったという。 ラオスやミャンマーとも国境を接する辺境地帯で通水管、女性がどのルートをたどり、またどのくらいの期間歩き続けていたのか、今のところ明らかになっていない。 チェ通水管ライの警察当局者はAFPの取材に対し、「女性は当局に対して、徒歩でやってきて、歩き続けながら、道中の店で食べ #=========#

通水管|スキー客2人が行方不明

16日午後5時半ごろ、新潟県湯沢町三俣の神楽ケ峰にスキーに来てい通水管た男性2人が宿泊予定の山小屋に来ていないと、知人から南魚沼署に通通水管報があった。署によると、2人は神奈川県藤沢市の自営業の男性(59通水管)と東京都世田谷区の会社員の男性(38)で、新潟県警や消防などは通水管遭難した可能性があるとみて付近を捜索する。 署によると、通水管2人は1泊2日の予定で、コース外を滑走するバックカントリースキー通水管に来ていたという。到着予定の午後3時になっても山小屋に現れず、携通水管帯電話もつながらなかったため、知人の男性が署に通報した。 #=========#