通水管|米仏、新たなイラン核合意を推進へ

(更新)訪米中のエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領とドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、共同記者会見を開き、イランとの新たな核合意の締結を通水管目指す意向を表明した。トランプ大統領はこれに先立ち、3年前に交わされた現行の核合意を「正気でない」と批判していた。【写真】会談ではトランプ氏がマクロン氏の「ふけ」を払う場面も マク通水管ン大統領は会見で、「私たちはこの件について、2人きりで非常に率直な協議を行った」と説明。「私たちは従って、イランとの新たな合意に向け取り組んでいく意向だ」と述べた。 欧州諸国はトランプ大統通水管に対し、2015年の合意から離脱しないよう繰り返し説得を続けてきた。 この合意は、イラン側が核兵器開発に応用可能な計画を自粛する見返りに、対イラン制裁を大幅に緩和し、民用の原子力開発計画を通水管証するというもの。ただイランによる弾道ミサイル計画や中東各地の武装組織への支援をめぐる欧米の懸念を解くには至っていない。 来月12日までに現合意の今後について決断を下す必要があるトランプ大通水管統領は、合意内容の修正を要求しているが、欧州諸国の多くはこうした修正を履行違反とみなしている。 トランプ氏は会見で、「より大きな合意を結べる可能性が高いかもしれない」との見解を示した一方で通水管いかなる新合意も「堅固な基盤」の上に打ち立てられるべきだと強調。一方で既存の合意については「腐敗した基盤の上での合意であり、悪い合意、悪い構造だ。崩れ落ちようとしている」と指摘し、「12日にどうな通水管か様子を見る」と述べた。 新協定を推進する意向なのか、それとも追加の合意を交わす意向なのかを問われたマクロン大統領は、「一つの合意から別の合意へと移ると言っているわけではない」と説明した

通水管|大規模な立ち往生車にはペナルティーも

今年2月の記録的な大雪で福井県内の国道8号がまひしたことなどを受け、国土交通省の有識者検討会は4月23日、同省で開かれ、大雪による車の立ち往生対策に関する中間とりまとめを行った。チェーン規制の強化、大規模な立ち往通水管生を引き起こした車にペナルティーを科すなどの検討、早めに通行を規制して集中的に除雪する「予防的通行止め」の導入を盛り込んだ。各地域で運用を検討し、来冬から実践する。【画像】本当に怖い凸凹道 中間取通水管りまとめでは、「できるだけ通行止めにしない」というこれまでの目標を転換し、「立ち往生の抑制と通行止め時間の最小化を図る道路ネットワークの影響の最小化を目標に対応すべき」としている。 県内の国道8号で発生し通水管約1500台の立ち往生は、チェーンをしていない大型車が起因だったとし、多くの車がチェーン未装着だった。このため提言では、警報が発令される水準の大雪が降った場合、チェーンを装着していない車の通行を制限できる仕組みの通水管検討を促している。規制手順を高速道路会社などと調整する方針。 さらに、チェーンをせず大規模な立ち往生を引き起こした場合、高速道路の利用が多い運送業者のトラックなどに適用している割引制度を停止するなど、一定通水管のペナルティーを科すことも検討することも盛り込んだ。 大雪が予想される場合に高速道路や国道を早めに通行規制し、集中的に除雪する「予防的通行止め」を実施すべきとしている。運送業者らには国が事前に道路情報板で通水管象区間を知らせ、回り道をするよう呼び掛ける。 ハード面の整備では、地域の実情に応じて国道の4車線化、付加車線や登坂車線の設置、迂回バイパス道の整備も挙げた。カメラの増設、ロードヒーティング、消雪パイプなど通水管の対策も明記している。 会合後、検討会委員長の石田東生筑波大名誉教授は「福井県の西川知事からの要望も反映し、対策は最大限取り込めたと思う。今後、どう実践したか、その効果や課題もチェックしたい」と述べた。

通水管|東海や関東甲信

東海や関東甲信といった東日本の太平洋側を中心に、きょう25日(水)昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見通水管込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要だ。東海や関東甲信 昼前にかけて大雨のおそれ26日明け方まで通水管予想される雨の量(多い所) きょうは前線を伴った低気圧が本州付近を通過する。暖かく湿った空気が流れ込み、東日本の太平洋側では通水管大気の状態が非常に不安定になる見通し。きょう昼前にかけて、東日本の太平洋側を中心に、1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る所がありそ通水管だ。大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒が必要となる。<あす26日(木)明け方までの予想雨量(多い所)通水管東海   120ミリ関東甲信 100ミリ また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。発達した積乱雲の近づく兆通水管がある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。東日本・北日本の山沿い 雪どけ進む きょうは東~北日本で雨が降通水管ため、山沿いでは雪どけが進む見込み。積雪の多い地域では、融雪による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、なだれに注意が必要だ。

通水管|<国会>正常化見通せず

立憲民主党など野党6党は24日も国会審議を拒否し、正常化のめどは立っていない。このままでは政府が重視する働き方改革関連法案の会期内成立が危うくなるため、与党は6党抜きでも日程を消化する構えだ。しかし、安倍内閣の支持率低下は、疑惑解通水管明が進まないことに原因がある。野党に責任転嫁するだけでは、事態打開は難しい。 自民党の森山裕国対委員長は24日、立憲民主党の辻元清美国対委員長と国会内で会談し、野党6党が求める麻生太郎副総理兼財務相の辞任や、柳瀬唯夫元首相通水管書官(現経済産業審議官)の証人喚問には応じられないと改めて伝えた。 代わりに、学校法人「森友学園」に関する決裁文書改ざん問題で、財務省の内部調査結果を「大型連休明けに公表できるよう努力させる」と述べたのが森山氏の精いっぱい通水管譲歩。しかし、4月中の公表を迫る野党側は聞き入れなかった。 辻元氏は「ゼロ回答」に不満を隠さず、会談後、「首相はうみを出すと言っていたのに、がっかりだ」と記者団に語った。6党は当面、欠席戦術を続ける方針だ。 与党は通水管4日、衆院本会議と厚生労働、環境の両委員会を立憲などが欠席のまま開催した。厚労委では、生活保護制度の拡充などを盛り込んだ生活困窮者自立支援法改正案を25日に採決し、27日から働き方法案の審議を予定する。日程が窮屈なため、大型連休の通水管合間の5月2日に厚労委を開くことも検討している。 安倍晋三首相は24日、公明党の山口那津男代表との会談で、働き方法案の会期内成立に重ねて意欲を示し、山口氏は「与党として環境を整えるべく努力したい」と応じた。 衆参両通水管の予算委の集中審議の提案も、6党を復帰させる呼び水にはなっていない。与党は26日、6党欠席でも外交をテーマに集中審議を行い、「野党不在」を世論に印象付けようとしている。その場合、柳瀬氏の参考人招致は見送る。 与党が譲歩する通水管が先か、野党が審議拒否に耐えられなくなるのが先かというチキンゲーム。自民党三役経験者は「野党抜きの審議は与党のプラスにもならない」と懸念し、ある閣僚経験者は「野党が折れなくても、内閣支持率はまだまだ下がる」とこぼした。【村尾哲】

通水管|<セクハラ疑惑>麻生氏止まらぬ擁護

 ◇「1対1でも密室でも、しないのは基本中の基本」の批判も セクハラ疑惑で24日に財務事務次官を辞めた福田淳一氏を擁護する麻生太郎財務相の発言が止まらない。麻生氏は同日の記者会見でも「はめられたとの意見もあ通水管る」などと述べた。被害女性の方が悪い--とも言いたげな姿勢は、政府が成長戦略の柱とする「女性活躍」を真っ向から否定するものだとの声が出ている。【中村かさね、中川聡子】 政府や与党内からも批判が出ている麻生氏通水管の発言や財務省の対応に、コラムニストの小田嶋隆さんは「男女2人きりならセクハラをしてもいいのか。加害者に責任があるのは当然で、まともな人間なら1対1でも密室でもセクハラをしないのは基本中の基本だ」とあきれている。通水管 週刊新潮によると麻生氏は12日、自派のパーティー後の懇親の場で「(セクハラが嫌なら)次官担当を男性記者に代えればいい」と語ったという。これについて麻生氏の事務所は毎日新聞の取材に「記録がなく確認できない」と通水管回答した。事実なら女性差別発言で、政権の掲げる「女性活躍」とも矛盾する。 小田嶋さんは言う。「いろんな場所でいろんな仕事をする女性がいる。セクハラが発生するから女性を使うな、という発想は時代錯誤も甚だしく、通水管女性活躍の場を狭める。セクハラのない世の中にしよう、というのが普通の発想だ」 上智大の三浦まり教授(政治学)は「麻生氏は次官や大臣のポストを男性のものと思い込んでいるのだろう。女性記者の排除は論外だ」と批判通水管する。    ◇ 今回の疑惑をきっかけに、女性記者の取材活動を制限すべきだとの発言も出ている。 経団連の榊原定征会長は23日、記者会見で「異性と1対1ではさまざまな誤解を生む。取材で夜でもお通水管酒の場でも行くのはどうか。マスコミ側にも規律や規範があってもよい」と語った。19日には千葉市の熊谷俊人市長がフェイスブックに「(報道機関は)女性記者を使って情報を引き出す取材態勢について総括すべきだ」と投稿した。

通水管|「指混入」だけじゃない 幸楽苑が日高屋に負けた理由

2016年9月、幸楽苑の静岡清水インター店で起きたラーメンへの異物(人の指)混入事件を記憶している読者は多いだろう。従業員がチャーシューの仕込み作業中にハムスライサーで誤って指を切断してしまい、その欠損部分が来店客に提供する商品に混入した事件通水管だ。【資料】日高屋の戦略 当時、この事件は大きく報道され幸楽苑のブランドイメージは大きく損なわれてしまった。幸楽苑を運営する幸楽苑ホールディングス(HD)の17年3月期決算では、売上高は前期比1.0%減の378億円、営業利益に通水管至っては83.1%減の1億4700万円にまで落ち込んだ。営業利益が大幅に減少した原因について、同社の決算資料は異物混入問題に伴う直接的費用や再発防止対策費用を挙げている。 しかし、この事件がなくても同じラーメンを主力とする日高屋と幸楽通水管苑の間には大きな差が生まれていた。どのような戦略の違いがあるのだろうか?●小さな食堂からはじまった幸楽苑 幸楽苑の歴史は1954年に新井田傅社長の実父である新井田司氏が福島県会津若松市に開店した「味よし食堂」から始まった。幸楽通水管HDのWebサイトによると「従業員3名の雨漏りする食堂」からスタートしたという。75年には麺とギョーザを製造する工場を建設し、多店舗展開にかじを切った。99年には100店舗を達成し、12年にはグループで500店舗にまで拡大した。主に郊外のロー通水管ドサイドに店舗を構える戦略で、03年にはラーメン業界で全国初となる東証一部上場も果たした。●ラーメンの安売りで成長 幸楽苑の成長を支えた1つの戦略がラーメンの安売りだった。2000年代に販売を開始した「中華そば」は304円(税通水管込、以下同)で、「麺類の売り上げの3割を占めていた」(広報担当者)。税抜き表示価格の「290円ラーメン」は強い印象を与えた。 だが、原材料や人件費の高騰で販売を15年5月に終了させ、現在は「新・極上中華そば」(421円)が最安値のラー通水管メンとなっている。 看板メニューだった中華そばの販売をやめたことが、幸楽苑の競争力にマイナスの影響を与えた。直営既存店の客数は15年から前期比マイナスの状況が続く。広報担当者も「中華そばの販売をやめた影響が大きかった」と認める。

通水管|13年前、生き残った意味

乗客106人が死亡、500人以上がけがをした尼崎JR脱線事故から13年になる。昨年12月、台車の部品が破断寸前のままJR西日本が新幹線を走らせ続けていたことが分かり、再び「安全」が揺らいでいる。脱線した快速電車がマンションに激突通水管した4月25日、安全が失われた空間で何があったのか。今こそ乗客の証言に耳を傾けたい。あの日の車内でのこと、そして事故後に生きた13年を-。かけがえのない、「安全」を見つめ直すために。(小谷千穂)【写真】あの時、生死を分け通水管もの 1両目に乗車の男性 ◇ ◇【「事故は続いている」と訴え続ける 伊丹市の玉置富美子さん】■あのとき 管理栄養士をしていて、伊丹駅(兵庫県伊丹市)から奈良の知的障害者施設に行く途中だった。通水管 駅のホームで、3両目の乗車口に並んだ。快速電車は少し遅れて来た。最後尾の7両目にいるはずの車掌の顔が目の前にあった。オーバーランしていた。バックする車両を見て、「おかしい、乗らんとこかな」という思いが頭をよぎった。 い通水管も車窓から見える親戚のお墓に頭を下げていた。でも、あの日は電車のスピードが速すぎてお墓が見えなかった。カタカタ、カタカタと音が続いていた。「誰かが運転士に言ってくれないかな、危ないな」。車両の後ろに行こうとしたけど、混んでいて動通水管なかった。 前後に激しく揺れた。2両目と3両目の連結部分にいた若い男性がこちらの方に飛び出してきた。「キャー」という叫び声。連結部分のドア越しだったか、窓越しだったか、なぜか2両目の後部がこちらの車両に迫ってくるのが見え通水管。思わず、後ろを向いた。顔の右側が何かに押さえつけられたような感覚があった。 揺れは続き、つり革を必死に握ったが、結局飛ばされた。車内は、乗客がかきまぜられる「スクランブル」状態。自分の体が当たっているのが、天井か、床か通水管窓なのかが分からなかった。「痛い痛い、このまま死んじゃうわ」と思った。 急に明るくなり、ふわっと浮いて、どこかに落ちた。車のクラクションのような音、焦げたような油の臭い、上がる土煙。外に放り出されたのだと気付いた。