通水管|北朝鮮「完全破壊」警告

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は20日、トランプ米大統領が前日、米国通水管は北朝鮮を「完全に破壊」せざるを得なくなる可能性があると述べたことについてドイツは賛同できない通水管とし、北朝鮮問題は外交手段のみを通して解決する必要があるとの考えを示した。【ビデオ】マ通水管ロン仏大統領も「完全破壊」に同意せずトランプ大統領は19日にニューヨークの国連本部で行通水管った就任後初の一般討論演説で、「米国、もしくは米国の同盟国を守る必要に迫られた場合、北朝鮮を完通水管に破壊する以外の選択肢はなくなる」述べた。これについてメルケル首相はドイチェ・ヴェレ放通水管送に対し、「こうした警告には賛同できない」とし、「いかなる軍事行動も完全に不適切であると考えて通水管おり、ドイツは外交的な解決を主張する」と述べた。そのうえで「北朝鮮問題に対しては制裁措通水管の実施が正しい対処法で、それ以外のすべては誤った手法となる」と語った。メルケル氏は数日通水管前にトランプ氏と電話で会談し、外交的な解決策を模索する必要があるとの考えを伝えたとしている。

通水管|韓国、北朝鮮に9億円の人道支援決定

韓国統一省は21日、WFP=国連世界食糧計画などの国際機構を通して、北朝鮮に800万ドル、およそ9億円を支援することを決めました。いずれも妊婦や児童を対象とした栄養通水管支援などに使われることになっていて、統一省は「弱者の劣悪な状況を考慮した」と説明しています。 「制裁と北朝鮮の住民に対する人道支援は分けて対処するのが、国際通水管社会が共有する普遍的な原則です」(韓国統一相) ただ、国連安保理が北朝鮮への新たな制裁を決めて間もないタイミングでの支援は、国際社会の圧力を緩めかねない恐れ通水管があり、韓国内でも物議を醸しています。韓国政府は、支援の具体的な時期については明言を避けています。第72回国連総会での一般討論演説のため北朝鮮の李容浩(イ・ヨンホ)通水管外相が20日(現地時間)、米国に入国した。トランプ米大統領の「完全破壊」演説に関する取材陣の質問に対し、空港では沈黙を守ってきた李外相は宿舎に到着すると「犬がほえる通水管声」とし「我々を驚かせようとしたのであればまさに無駄なことだ」と激しく非難した。李外相はこの日午後、ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に到着した。国連の通水管慈成男(チャ・ソンナム)北朝鮮大使の案内で入国フロアではなく出国フロアに入ってきた李外相は「北朝鮮を完全破壊することができるというトランプ大統領の演説をどう思うか」通水管「国連総会の演説でどんなメッセージを伝える計画か」などの取材陣に質問に一切答えず空港を抜けた。国連北朝鮮代表部は空港側に警護を要請するなど取材陣が集まることに敏感に通水管対応した。ニューヨーク・マンハッタンのホテルに到着した李外相は空港を通過する時とは違い、トランプ大統領に向けた強硬なメッセージを出した。李外相はトランプ大統通水管領の「完全破壊」発言について「犬はほえても行列は続く」という北朝鮮のことわざを引用し、「犬がほえて我々を驚かそうとしたのならそれは犬の夢にすぎない」と主張した。

通水管|G正妻争い激化!

巨人待望の和製大砲、宇佐見真吾捕手(24)の台頭で小林誠司捕手(28)との“正妻”争いが熾烈を極めようとしている。打の宇佐見か、守の小林か。今季はともかく将通水管来に向けての2人の戦いは注目だ。右翼席にポンポンと打球を運ぶ宇佐見の打撃練習を見て、巨人OBで前横浜DeNA監督の中畑清さんがうなった。 「慎之助(通水管部)の跡継ぎ候補が生まれたな」 実際、この2年目の若武者は8月半ばに初めて1軍に昇格以来、代打が中心ながらすでに3ホーマー。それもサヨナラ2ラン(8通水管月18日・横浜DeNA戦)とか、9回2死からひと振りで同点2ラン(9月5日・中日戦)を放つなど劇的な一発となっているのだ。 巨人生え抜きの25歳以下通水管選手では今季初のアーチで、待望の若手大砲の出現にファンの喜びもいつになく大きい。その打撃練習を見ていても打球はほとんどが高い弾道でゴロはまずない。かつて世界通水管のホームラン王、王貞治さん(現ソフトバンク球団会長)は「長距離打者は練習からフライを打ち、ゴロが出ているときは良くない」と現役時代言っていたが、宇佐見はまさ通水管天性のホームラン打者の素質を持っているようだ。 長距離砲というだけでなく、江藤打撃コーチによると「選球眼が良いし、自分のスイングが常にできている」と通水管評価されている。当の本人は「いつも目いっぱい振ることを心掛け、練習では片手のティー打撃や色々なコースの打ち方を試しています」と言ったあと「いまは投手のリード通水管かキャッチング、送球など守りを上達するのが一番ですね」と力を込めた。 村田真ヘッドコーチも「守りの面では小林への信頼度が高い。宇佐見の守備面には目を通水管つぶって打撃を買う? いまは目をつぶって起用できる時期じゃないからね」とCS進出にしのぎを削っているいまは小林のリード面、堅実な守備力は外せないと言った。

通水管|<御嶽山噴火3年>必ず見つけ出す

死者58人、行方不明者5人を出した御嶽山(おんたけさん)(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火災害から27日で3年を迎える。遺族らで通水管つくる「山びこの会」のメンバーらは21日早朝、御嶽山に登り始めた。火口付近で天候が良ければ、小型無人機「ドローン」を使って行方不明者がい通水管とみられる尾根などを動画で撮影し、手がかりを探す予定だ。【写真特集】上がる噴煙、火山灰で覆われ… ドローンを使った捜索は通水管昨年9月に続き2回目。気象庁が今年8月、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げたことを受け、今回は通水管口から500メートル地点まで近づく予定だ。噴火で義理の弟を亡くした事務局代表のシャーロック英子さん(58)は「近距離から撮影できるので重通水管要な手がかりが得られると思う」と期待した。 長野県や周辺の市町村は、噴火で登山道や山小屋が破損し、シェルター=避難壕(ごう)=設通水管などの安全対策が必要として火口から1キロ圏内の入山規制を継続している。今回、同会が捜索のための入山を木曽町などに要望、特別に許可された。通水管前回の撮影は火口から1キロ以上離れた地点からドローンを操作した。【小川直樹、安元久美子】 ◇「危険知らせるマイスターに」通水管「危険だと分かっていたら避けられた。防災という言葉がずっと頭にある」。長野県松本市の会社員、鈴木康夫さん(60)は語る。3年前の9月27通水管日、自然保護のボランティア団体の仲間5人と山頂を目指した。御嶽山は全員が初めて。10年以上の登山経験がある鈴木さんがリーダー格だった。

通水管|民進・鈴木克昌氏、政界引退へ

民進党の鈴木克昌衆院議員(73)=比例東海=が、次期衆院選に立候補せず、政界を引退する意向を固めた通水管ことが、関係者への取材で分かった。家族の体調などを理由にしているという。愛知14区の後継候補には、通水管鈴木氏の秘書を擁立する見通しという。 関係者らによると、鈴木氏はすでに自らの後援会の幹部ら通水管「家族の体調などがあり、これ以上は国会議員を続けられない」などと説明しているという。 鈴木通水管氏は自民党愛知県議(4期)や同県蒲郡市長(2期)を経て2003年に民主党から衆院議員に初当選し、現通水管5期目。民主党政権の時期には総務副大臣や党幹事長代理を務めた。 小沢一郎・自由党代表の側近通水管として知られ、12年には小沢氏らと民主党を離れて「国民の生活が第一」を設立。後継の生活の党で幹事長通水管などを務めた。14年衆院選の直前に民主党に復党。現在、衆院沖縄・北方特別委員長を務めている。通水管 12、14年の衆院選では愛知14区で自民候補に敗れ、比例復活で当選している。 愛知14区通水管には自民現職の今枝宗一郎氏(33)、共産新顔の金原信之氏(57)が立候補を予定している。(黄澈)

通水管|「見たことがない」川底に謎の石仏

福岡県八女市立花町北山の千間土居(せんげんどい)公園横を流れる矢部川の川底でこの夏、川遊び中の高校生が石造りの仏像を見つけた。合掌する地蔵菩薩像(ぼさつぞう)と通水管みられ、表面には長く水中にあったためか、水生生物がくっついていたような跡がある。現在は高校生の祖父で、同市立花町谷川の平嶋千秋さん(82)が保管している。豪雨で通水管流出か、堤防工事の安全祈願か、地域住民は謎の仏像についてあれこれと想像を巡らせている。⇒【画像】仏像が見つかった矢部川 仏像は高さ41センチ、幅通水管20センチ、重さ約10キロ。黒っぽい石に地蔵尊と日輪のような円が彫られている。銘文はない。平嶋さんによると、7月に孫の女子生徒が千間土居公園で友人と水遊びをして通水管た時に、中川原橋付近の水深約45センチの川底に仏像を見つけた。ゴーグルで川の中をのぞくと、仏像と目が合ったかのように感じたという。 友人たちと川から引き通水管上げた後、近くの土手から転がり落ちたのではないかと探したがそのような痕跡は見つからず、その場に置いていた。帰宅して家族に話すと「2012年の九州北部豪雨で上流か通水管流されてきたのでは」と言われ、持ち帰って保管することになった。 仏像について、かつて暴れ川と言われた矢部川の治水工事の安全を祈願するため、水中に供えられ通水管たものではないかと推測する人もいる。手掛かり求める 千間土居公園は、江戸時代に柳川藩が築いた約2・3キロの堤防を活用してできた。工事を指揮した田尻惣通水管(1678~1760)は何とか成功させるため、自ら嵐の日に「はんぎり」と呼ばれるたらいに乗って流れを探る情熱の持ち主である一方で、対岸の久留米藩から苦情が出ない通水管よう、短期間で工事を済ませるため、動員した農民を一切休ませず「鬼奉行」と恐れられた。「皆が命がけだった堤防工事を成功させるため供えられたのでは」という考えだ。

通水管|シニア世代の再婚

シニア世代の結婚・再婚が増えている。年を重ねても、新たなパートナーができることは喜ばしいことだろう。だが、現実には、そう簡単ではない。預貯金や不動産など財産の扱いに関して、再婚相手と子どもとの間で利害が通水管一致しないからだ。再婚したことを後から子どもが知って訴訟になることもあれば、簡単に分割しにくい不動産をめぐって争いになることもある。シニアの再婚では、どのようなトラブルが起き、どうすれば解決できるのか。通水管(ライター・すずきまゆみ/Yahoo!ニュース 特集編集部)東京都城北地区で夫と2人の娘と暮らす小柴恵子さん(仮名・48)のもとに、ある日結婚式の招待状が届いた。それを見て、驚かずにはいられなかった通水管。金のシールで封をされた招待状の差出人の名は自分の父親だったのだ。恵子さんの父親・島村幸太郎さん(仮名)は82歳。10 年ほど前に妻を亡くし、二世帯住宅で恵子さんの弟夫婦と同居していた。だが、1通水管カ月ほど前に「結婚するから」と、スーツケースひとつで家を出て行った。弟夫婦も寝耳に水だった。結婚式当日、金屏風の前に満面の笑みで立つ年老いた新郎新婦の姿を眺めながら、恵子さんは明るい気持ちにはなれなかっ通水管。「籍を入れてしまった以上、父の死後、遺産の半分は女性に渡る。そして、それはいずれあちらのお子さんたちのものになる。父の遺産と言いますが、その多くはもともと、母の実家から受け継いだものだったんで通水管す」その後、懸念した通り、問題が起きた。父と弟で半分ずつ所有権を持つ二世帯住宅を父が売ると言い出したためだ。所有権は半々で、簡単に売ることはできない。親子で弁護士を立てての調停に発展した。身勝手とも感じ通水管られる父の言い分に、恵子さんは「女性の差し金に違いない」と憤慨する。「シニアの結婚、よその人の話なら『素敵だね』と思えます。でも、自分の親なら『冗談じゃない』。それが多くの子どもの本音ではないで通水管しょうか」相続争いはあって当たり前10年ほど前からシニア向けの婚活パーティを始めた東京・銀座にオフィスを構える結婚相談所「ブライダル ゼルム」のアドバイザー・立花えりこさんは、ここ5~6年で通水管シニアの婚活が盛んになってきているという。「当初、婚活パーティは月に1回ほどでしたが、ニーズが高く、徐々に回数を増やしていきました。いまは週に2~3回ペースで実施しています。どの回も盛況です」