通水管|米大統領報道官、半年で辞任

【ワシントン時事】スパイサー米大統領報道官が21日、トランプ大統領に辞意を伝えた。 「政権の顔」が大統領就任からわずか半年でホワイトハウスを去ると通水管いう異例の事態だ。ロシア政府の米大統領選介入疑惑への追及が強まる中、トランプ政権は混迷を深めている。 米メディアによると、スパイサー氏が辞任を決め通水管のは、広報部長に投資会社創業者スカラムッチ氏を充てる大統領の人事への不満からだ。大統領が21日、スカラムッチ氏を呼んで起用を伝えると、スパイサー氏は「重大通水管な間違いだ」と反発して大統領に辞意を伝達。慰留にも応じなかった。 プリーバス首席補佐官とスパイサー氏は、以前からスカラムッチ氏と「緊張関係」(ワシ通水管トン・ポスト紙)にあり、大統領が別の要職に抜てきすることを検討した際も猛烈に反対。今回はバノン首席戦略官・上級顧問の協力も得て「広報部長に不適格だ」と説い通水管て回ったとされる。 しかし、大統領の長女イバンカ補佐官やその夫クシュナー上級顧問はスカラムッチ氏の起用を主張。ロシア疑惑の追及に苦しむ大統領も「け通水管か腰」とされるスカラムッチ氏の起用に傾いた。周辺が米メディアに語ったところでは、スパイサー氏にとってそれは「我慢の限界」だった。 人事が決着すると通水管、プリーバス氏は結束演出に躍起になった。広報部門のスタッフ約40人を集め、スカラムッチ氏を「自力で出世した男だ」と紹介。スパイサー氏は「闘士だ」と持ち上げ通水管辞任の理由をスカラムッチ氏に「白紙の状態」で取り組んでもらうためだと説明した。 プリーバス氏とスカラムッチ氏はスタッフの前で抱擁も交わしたとされる通水管。しかし、スパイサー氏の辞任劇で露呈した亀裂は覆い隠しようもない。ワシントン・ポストは「スカラムッチ氏の政権入りは高官の間の緊張を高めそうだ」と伝えた。

通水管|金委員長排除狙う可能性も

北朝鮮の核・ミサイル開発に関連し、米中央情報局(CIA)のポンペオ長官が、金正恩通水管朝鮮労働党委員長の排除を目指す可能性を示唆した。 「体制転換を求めない」通水管ティラーソン米国務長官)と表明してきたトランプ政権の従来の方針から、一歩踏み込ん通水管とも言える。 米メディアによると、ポンペオ長官は20日夜、コロラド州アス通水管ンで開かれた安全保障フォーラムで「朝鮮半島が非核化すれば素晴らしいが、最も危険な通水管は(核兵器を)支配している人物だ」と発言。「最も重要なのは、そうした(核)能力か通水管(使用の)意図を持つであろう者を分離することだ」と主張した。 CNNテレ通水管によれば、長官は講演後の質疑応答で、金委員長の排除を「紛れもなく正しいこと」とは通水管なさないと述べ、必ずしも体制転換を追求するわけではないと説明した。一方で「北朝鮮通水管民は、彼が去るのを切望しているはずだ」と語り、トップ交代への期待も表明した。 

通水管|米軍「誤爆」、アフガン治安部隊16人死亡

アフガニスタン南部ヘルマンド州で21日、米軍の空爆があり、地元メディアによると、通水管アフガン治安部隊の隊員少なくとも16人が死亡した。駐留米軍は声明で「誤爆」と説明通水管ている。 同州は、米軍の支援を受けるアフガン治安部隊と、反政府勢力タリバ通水管ンとの戦闘が続く激戦地の一つ。報道によると、21日午後、アフガン治安部隊から援護通水管請を受けた米軍が空爆を実施。被弾した施設に治安部隊の隊員が集まっていたという。地通水管部隊が攻撃目標を制圧した後に空爆が行われたとの情報もあり、米軍が原因を調べている通水管。 アフガンでは、地上戦で支配地域を広げるタリバーンを、米軍やアフガン政通水管軍が空爆で押し返す一進一退の戦闘が続いており、誤爆被害が後を絶たない。 通水管連アフガン支援団(UNAMA)によると、空爆による死傷者は、民間人に限っても今年通水管半に232人に上り、前年同期の約1・4倍に増えた。(イスラマバード=乗京真知)

通水管|わいせつ教員の処分歴共有

わいせつ問題を起こした教員が処分歴を隠して別の自治体で採用通水管される例が後を絶たないことから、文部科学省は、都道府県教育通水管員会が教員免許の更新状況を把握するために運営している「教員通水管許管理システム」を改修し、自治体の枠を超えた処分歴の共有化通水管乗り出す。 文科省は、児童や生徒にわいせつ行為をし通水管教員を原則、懲戒免職とするよう各教育委員会に通知している。通水管員が懲戒免職や分限免職、禁錮以上の刑を受けると免許は失効し通水管官報に氏名などが載る。しかし、他の教委によるチェックは行き通水管いていない。免許失効となった教員が免許状を「紛失した」など通水管偽って返納しないまま、別の自治体で採用されることがある。

通水管|働きづめの妻に休日を!

興味深い調査がある。東京大学社会科学研究所准教授の鈴木富美子さんが論文で、休日に夫婦の間で「休み格差」があることを明らかにしたのだ。これは「家庭外長時間労働通水管」の陰にある、「家庭内長時間労働」のお話ーー。【BuzzFeed Japan / 小林明子】【診断】小学生の時、夏休みをどう過ごしたかであなたの年齢が通水管かる調査によると、夫婦の就労の有無にかかわらず休日は、妻は夫よりも5時間近く「総労働時間」が長く、夫は妻よりも3~4時間ほど「自由時間」が長い。「休日通水管らいゆっくりしたい」とゴロゴロする夫の横で、料理や掃除に明け暮れる妻の姿が目に浮かぶようだ。夫が1時間でも家事・育児をすれば、そのぶん妻の労働時間が減通水管て自由時間が増え、夫婦間の休みバランスが取れるはずなのだが、そうはならない。なぜ?週末の家事は「プレイ」会社員の女性(37)は、銀行員の夫(38)通水管土曜日に発する「昼ごはん何にする?」の一言に、殺意を覚える。共働きで、2歳の息子がいる。女性はフルタイム勤務だ。平日は保育園の迎え時間に滑りこむため、通水管ーパーに寄る余裕すらない。週末に作り置きしていたおかずや毎週月曜に届く宅配食材は、金曜日には底をつく。つまり土曜午前は、冷蔵庫の食料が1週間でもっとも通水管渇しているのだ。夫の「何にする?」は、字面では主体的に作ってくれるようにも、外食を勧めているようにもとれる。だが実際は「君は僕に何を作ってくれるつもり通水管の?」というニュアンスだ。調理におけるクリエイティブ能力が試されている、と女性は捉えている。「そう言われると、私も仕事の習性からか期待に応えなきゃと思通水管てしまって。冷蔵庫を漁ったり慌てて買い物に行ったりと『土曜ランチプロジェクト』に必死になってしまいます。その間、夫はゆっくり新聞を読んでいてムカつきますね」

通水管|蓮舫氏「外部調査に切り替えを」

民進党の蓮舫代表は22日、南スーダン国連平和維持活動通水管(PKO)に派遣された陸上自衛隊の日報問題の事実解明通水管に関し、「第三者の外部による調査に切り替える必要があ通水管る」と述べ、稲田朋美防衛相直属の防衛監察本部が進めて通水管いる特別防衛監察では不十分との認識を示した。通水管 徳島県阿波市で記者団に語った。 蓮舫氏は、通水管稲田氏について「防衛省を二分するかのような不安定な言通水管動をしており、防衛相に値しない」と批判。その上で「特通水管別防衛監察では防衛相は、協力はするけれど調査対象では通水管ない。もっと言えば処罰の対象ではない」と指摘した。

通水管|格納容器の底にも塊 福島第一3号機のロボット調査終了

東京電力は22日、福島第一原発3号機の原子炉格納容器の底付近にも溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)とみられる塊があったと通水管するロボット調査の結果を発表した。3号機の調査はこの日で終了し、東電は水中ロボットを回収した。今後、得られた映像を分通水管析して塊の広がりや量を推定し、燃料取り出しの方針を決める際の判断材料にする。【写真】水中ロボットが撮影した格通水管納容器の底付近の様子。燃料デブリとみられる堆積(たいせき)物が積もり、右奥に崩落した作業用足場が見える=22日、国際通水管廃炉研究開発機構提供 水中ロボットによる調査は19、21日に続き3日目。この日は格納容器の最深部まで潜り、底通水管付近の状況を調べた。東電によると、崩落した構造物や堆積(たいせき)物が約1メートルの厚さで積もり、特に圧力容器の直下通水管には上から溶け落ちてきたような岩状の塊が散在していた。 3号機はこれまでの解析で、ほとんどの核燃料が圧力容器通水管から格納容器の底に溶け落ちたと推測されていたが、3日間の調査でそれが裏付けられた。そのほか、デブリが圧力容器直下の広通水管い範囲に広がっている様子も分かった。 東電と国は、2021年から1~3号機のいずれかでデブリの取り出しを始め通水管る計画だが、構造物にへばりついたデブリをどう扱うのかなどの検討はこれからで、作業は難航が予想される。(富田洸平)