通水管|インド洪水、死者324人に

インド南部ケララ(Kerala)州当局は17日、同州を襲っている洪水の死者数が324人に達したと発表した。同州各地では土砂崩れや冠水被害が通水管発生。当局は、今後さらに天候が悪化する恐れがあるとして、警戒を呼び掛けている。【写真11枚】冠水した道路を避難する人々 熱通水管の丘陵やビーチで外国人に人気の観光地となっているケララ州は今年、記録的なモンスーンの豪雨に見舞われており、各地では兵士や地元漁師ら数百人が通水管ヘリコプターやボートで懸命の救助活動にあたっている。 ピナライ・ビジャヤン(Pinarayi Vijayan)州首相はツイッター(通水管witter)に投稿した声明で、同州は「過去100年で最悪の洪水に直面している」と述べ、これまでに324人が死亡したと発表した。 通水管災地では現在も数千人が孤立しており、停電や通信網の断絶も発生。当局は、今後さらなる豪雨が発生し、被害拡大と死者増加の恐れがあると警告してい通水管る。 州内では避難所2000か所以上に少なくとも31万人が身を寄せている。当局によれば、州内の道路1万キロ余りが損傷または全壊し、通水管屋数千棟も被害を受けた。インド内務省の発表によると、モンスーン入りした6月以降の死者数は、ケララ州を含む国内7州で868人に達している。 #=========#

通水管|増える男性介護者、悩み相談できず孤立も

高齢になった家族の在宅介護を、男性が担うケースが増えている。国の調査では徐々にその割合が高くなり、2016年は在宅介護者全体の34%に上った。ただ、慣れない家事に戸惑う男性は多く、悩みを相談通水管できず孤立し、家族に手を上げることもあるという。負担を和らげようと、男性介護者向けの料理教室「ケアメンズキッチン」が福岡市で始まった。⇒【画像】増加するヘルパーの労災 腰守る「抱え上通水管げない」介護用具に期待 5日、同市のめんたいこ製造販売会社「山口油屋福太郎」内にある簡易キッチン。家族を自宅で介護する人、介護してみとった人など男性8人が集まった。 初回のこ通水管の日の献立は「ナスと豚のみそ炒め」など3品。薬膳料理教室を開く山口由美子さん(51)が講師を務め、参加者は食材の切り分けや合わせ調味料作りなどを進めた。「男子厨房(ちゅうぼう)に入れ、ですよ通水管。軽口が飛び、笑顔があふれた。「自分が倒れれば…」思い詰める男性も ある男性(83)は、久しぶりにこうした介護者の集まりに足を運んだ。同居の妻(80)の認知症が進み、思い詰めてい通水管たという。 妻は突然、家を飛び出して徘徊(はいかい)することがある。病院に行くのも身の回りの世話も拒み、せっかく申し込んだデイサービスにも行かない。睡眠が十分取れず、「自分が倒れれば通水管、誰かがなんとかしてくれるんじゃないか」とまで考える。 教室ではデイサービスの使い方などを助言された。介護の経験者に悩みを明かせるのがありがたかった。「少しだけ気持ちが楽になった」と通水管男性は語った。 在宅で介護していた妻を6月にみとった男性は、自分で調理する機会が減り、食事が外食に偏っていた。「また一から、ちゃんと身の回りのことをやろうと思った」と笑顔を見せた。 #=========#

通水管|文化財298件が不明

国や都道府県が文化財に指定した美術工芸品が相次いで散逸している。国などへの取材では、計約2万件余のうち、少なくとも298件の所在がわからない。所有通水管者の死去や転居、売却などの際に届けられず、行政が追いきれていない。全件を追跡調査したところ、今年に入り、大量に所在不明が判明した県もある。通水管写真】盗まれて今も所在がわからない国の重要文化財 国宝・重要文化財の散逸が社会問題化したのを受け、文化庁は2013年に初めて全件を調査。以通水管来続けており、所在不明は今年6月現在で147件(うち国宝2件)。 47都道府県の指定文化財について取材した結果、26都道県で151件が所在通水管明だった。栃木県52件、静岡県22件、山形県15件などが多かった。足尾銅山鉱毒事件を追及した田中正造の墨跡(ぼくせき、栃木県)は個人が所有していた通水管が、相続を重ねるうちになくなっていた。江戸後期の画家・渡辺崋山が松尾芭蕉の俳句を称賛した俳画(山形県)など、著名人ゆかりのものも多い。 所通水管不明298件の中には盗難が58件(重文28件、都道県指定30件)あり、寺社の被害が目立つ。残る240件は9割が個人所有だ。理由は所有者の死去86件通水管、転居72件、売却29件などで、種別では刀剣が133件と半数を超える。文化庁美術学芸課の担当者は「愛好家の需要も大きく、売買されやすい」と話す。 #=========#

通水管|石破氏、秋の改憲案提出を批判

9月の自民党総裁選への出馬を表明している石破茂元幹事長は17日、衆院議員会館で記者会見した。 憲法9条改通水管正を重視する安倍晋三首相が秋の臨時国会に党改憲案を提出する意向を示したことについて「スケジュールありきだ」と強く通水管判。国民に対する政府の説明責任を定めた条項の新設などを優先課題に挙げた。 3選を目指す首相は憲法改正の機通水管を再び高めることを狙い、改憲を総裁選の争点に据えたい考え。石破氏はこれを受け、首相との立場の違いを際立たせるとと通水管に、首相の手法に問題があることを明確にし、論戦を有利に運ぶ思惑がある。 石破氏は、戦力不保持を規定した2通水管を削除する持論を改めて展開。「主権者の深い理解を得る最大限の努力が必要だ」と述べ、粘り強く実現を図るべきだと主張通水管た。 首相は他党の理解を得やすいことを理由に、9条1、2項を維持した上で自衛隊の根拠規定を新設する案を唱通水管ている。これに対し石破氏は「(首相に)何度も説明をお願いしたが、実現していないのは極めて残念だ」と強調した。  #=========#

通水管|<障害者雇用>「なめられた」

 誰もが平等に社会に参加できる「共生社会」の実現を理念として、国が率先して進めたはずの障害者雇用制度。肝心の中央省庁が目標を下回っていたのに数字を水増ししていた疑惑が浮上した。不正は常態化していた可能通水管性もあり、障害者雇用に取り組む企業や障害者団体からは怒りやあきれる声が相次いでいる。【金秀蓮、原田啓之】 「監督する立場の省庁が不正をするなんて、残念で仕方がない」。大手メーカーの人事採用担当通水管者はこう憤る。障害者雇用促進法は、企業や国・自治体など事業主に対し、一定割合(法定雇用率)以上の障害者を雇うよう義務付ける。厚生労働省は各省庁や民間企業に毎年6月1日時点の雇用数の報告を求める。過去1通水管年のうち雇用率が達成できない月があった企業からは、1人分につき原則月5万円の納付金を徴収する一方、達成企業には補助金を支給する。 このメーカーは「障害者の雇用にはダイバーシティーの観点もあり、通水管業の成長にもつながる」と、障害者の職域を広げたり、社員教育を続けてきた。それでも法定雇用率に達しない月があり、納付金を納めている。担当者は「省庁が正確な数字を出していないなんて信じられない。事実が明ら通水管かになった以上、きちんと雇用してほしい」と話す。 障害者の就労支援事業などを展開するLITALICO(本社・東京都)は自社でも積極的に障害者を雇用し、法定雇用率を上回る。担当者は「多様な働き方通水管を推進しようと、企業の意識も変化している。障害者には難しい業務だという先入観を持たず、支援機関や当事者の声を聞きながら考えてほしい」と強調した。 障害者団体からも怒りの声が上がる。NPO法人日通水管本障害者センターの家平悟事務局長は「雇用政策を進める国が不正に手を染めていたのは深刻だ。働きたいのに雇ってもらえない障害者はたくさんいる。国は本気で障害者を雇う気がなかったのではないか」と指摘した。 #=========#

通水管|根尾&藤原が今大会2度目のアベック弾

第100回全国高校野球選手権記念大会第14日▽準々決勝 大阪桐蔭11―2浦和学院(18日・甲子園) 史上初2度目の春通水管夏連覇を狙う大阪桐蔭(北大阪)が浦和学院(南埼玉)に圧勝し、優勝した2014年以来の4強入りを決めた。 今秋ドラフト通水管位候補で大阪桐蔭の根尾昂内野手と藤原恭大外野手(ともに3年)が、今大会2度目の“NF砲”アベックアーチを放ち、PL学園の春夏通水管通算70本塁打を超える、71本塁打となった。 藤原は8回にも中堅バックスクリーンにソロを放ち、4安打5打点。「偉大な通水管ームを超えられてうれしい。1本目は狙っていた。2本目は完璧だった」と、藤原は満足そうに振り返った。先発の根尾は5回2失点、2通水管番手の柿木蓮が4回無失点に抑えた。 0―0の2回、根尾は左中間に高校通算29号の先制ソロを放ち、2―0の5回に藤原は通水管越えに通算31号のソロ本塁打をたたき込んだ。 3―2の6回は、青地斗舞外野手(3年)の2点適時打、中川卓也内野手(3通水管年)の適時二塁打、藤原の2点タイムリー、石川瑞貴内野手(3年)の適時内野安打で6点を加えた。9回は石川が左越えソロを放った #=========#

通水管|大学中退する人も…

 スマートフォンのゲームなどに過度に依存する「ゲーム障害」が、世界保健機関(WHO)の新たな疾病として追加された。厚生労働省研究班の2013年の推計では成人約421万人、中高生約52万人がゲームなどのネ通水管ット依存の恐れがあるという。ゲーム障害とはどんな病気で、どう向き合えばいいのだろうか。⇒【画像】「朝起きられない」「食事をとらない」…ゲーム障害の患者に起きる問題 福岡県の男性(24)は通水管マホのゲームや動画に依存し、大学医学部を退学した。授業についていけなくなり、休んだ罪悪感から逃げるようにゲームや動画閲覧、SNSに没頭した。時間を忘れて熱中し、朝に起きられなくなる。ついに玄関から出られ通水管くなった。留年して退学となった後、就職したが同じ状態に。「授業が分からない、というプレッシャーから解放されてスマホに逃げる理由はもうないのに、やめられなかった。ここで変わらなきゃまずい、と思いました」通水管 親の仲介で1月に訪れたのが依存症のリハビリ施設「ジャパンマック福岡」(福岡市博多区)。障害者総合支援法に基づき、アルコール依存症やギャンブル依存症などの人に生活訓練や就労移行支援をしている所だ。男通水管は医療機関にも通いながら、この施設でスマホから離れ、「なぜ依存するほどスマホに逃げなければならなかったのか」と自分を見つめ直している。 岡田昌之・統括施設長は「依存症は脳の病気。『しっかり自覚す通水管ば治るはず』と家族や本人だけで抱え込まず、相談することが大事」と語り、WHOの疾患認定を「家族も当事者も受け入れやすくなる」と歓迎する。      * 少年の立ち直りを支援する福岡県警「通水管岡少年サポートセンター」(同市中央区)にもゲーム依存の子どもの相談が舞い込む。少年育成指導官の堀井智帆係長によると、相談のきっかけは家庭内暴力が多い。スマホを取り上げ、子どもが暴れるといったケースだ。 #=========#