読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通水管|飛べない「エアアジアジャパン」で深まる混迷

マレーシアを拠点とするアジア最大のLCC(格安航空会社)、エアアジアが日本に設立したエアアジア・ジャパン。楽天、アルペン、ノエビアホールディン『通水管』グスなどの出資も受け設立されたのが2014年。だが、いまだに就航は実現していない。この記事の写真を見る 中部国際空港(セントレ『通水管』ア)を拠点空港とすることを決め、2015年10月に国土交通省から航空運送事業許可を受けた。中部―新千歳(札幌)、中部―台北の2路線を計画してい『通水管』が、これまで4回就航時期が延期され、現在は未定となっている。■スカイマーク出身会長が取締役を退任 そしてこの5月、経営体制の変『通水管』更が明らかになった。5月15日付けのエアアジア・ジャパンの法人登記によれば、3月末で井手隆司会長の代表権が外れ、取締役から退任。会社側は「健康『通水管』の理由」としており、現在は会長にとどまったまま、執行役員に就いているという。 井手氏は2015年9月までスカイマークの会長を務め、20『通水管』15年12月にエアアジア・ジャパンの代表取締役会長に就任した。年が明けた2016年2月には、中部空港関係者を集めた講演会で2016年夏の運航開『通水管』始を宣言。将来的にはアジアだけでなく、ホノルルや米国西海岸への就航も示唆し、株式上場の計画までブチ上げていた。 壮大な野望を掲げていた『通水管』本人が経営の一線から退いたことの意味は、小さくない。井手氏の取締役退任により、代表取締役は秦修社長のみとなった。秦氏は米デルの日本法人出身で、『通水管』航空業界に精通しているわけではない。エアアジア・ジャパンの取締役会からは、日本の大手航空会社での実務経験者が1人もいなくなってしまった。

通水管|三菱UFJ銀行の小山田頭取が退任

東京 23日 ロイター] - 三菱東京UFJ銀行は23日、小山田隆頭『通水管』取が退任し、後任に三毛兼承副頭取が昇格する人事案を固めた。小山田頭取『通水管』は、昨年4月に就任したばかりで、異例のタイミングでの退任となる。体調『通水管』良が理由とみられる。24日に三菱UFJフィナンシャル・グルー『通水管』プ(MUFG)<8306.T>が開く臨時取締役会で決める。小『通水管』田氏は、MUFGの将来の社長候補と目されており、グループの経営体制が『通水管』揺らぎかねない。MUFGの社長兼最高経営責任者(CEO)は、引き続き『通水管』平野信行氏が務める。三毛氏は、1979年に旧三菱銀行に入行。『通水管』画部やシステム統合推進部などを歴任。5月まで副頭取として国際部門共同『通水管』部門長兼米州本部長を務めており、海外業務にも精通している。

通水管|スウェーデンが“国全体”をAirbnbに登録

5月23日、スウェーデンが国全体を「Airbnb」に登録すると発表した。一瞬耳を疑うニュースだが、これはスウェ『通水管』ーデンの観光機関・Visit Swedenが進める公式のプロジェクト。公有の土地に自由に立ち入って滞在できるようになる。『通水管』BuzzFeed Japan / 鳴海淳義】【画像】スウェーデンのこんな大自然に泊まれるスウェーデンでは『通水管』自然享受権」が保障されており、個人が所有する非公開の庭や作物が植えられている耕作地でない限りは、誰でも自然に立ち入り、散『通水管』歩やサイクリング、キャンプなどを楽しめるそうだ。Visit Swedenのマネージャー、ジェニー・カイザー氏は次『通水管』ように述べている。「スウェーデンには高い山に深い森、美しい島々、静寂に包まれた草原などあらゆる自然があります。今『通水管』Airbnbと協力して、スウェーデンを訪れるすべての人を歓迎し、自然享受権を通じてスウェーデンの素晴らしい自然を皆さんに『通水管』共有してもらうことができます」現在、最南端のスミーガフック岬から北部3国国境付近の荒野まで、スウェーデンのすべて『通水管』Airbnbで検索できるようになっている。Airbnbのプレスリリースにはこう記されていた。「スウェーデンでは、『通水管』らゆる湖がプールに、山の頂は頑丈な岩のテラスに、草原は庭に、森はキノコやベリーがぎっしり詰まった食料庫になります」

通水管|北朝鮮から飛翔体、韓国が威嚇射撃を実施

【AFP=時事】(更新)韓国軍は23日、北朝鮮から軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ『通水管』)を越えて領空内に侵入してきた飛翔体に向け、威嚇射撃を実施したと発表した。【『通水管』解】朝鮮半島を南北に分断する非武装地帯(DMZ) 韓国軍が発表した声明による『通水管』、飛翔体の正体については特定されておらず、飛行経路についても調査中だという。ある軍関『通水管』者はAFPの取材に対し、ドローン(小型無人機)のようだと語った。 当局は飛翔『通水管』の詳細について明らかにしていないが、過去に軍事境界線を越えて飛来したドローンの大きさ『通水管』、趣味用のドローンと同様だったとされている。また飛翔体が撃ち落とされたかどうか、もし『通水管』は軍事境界線を越えて引き返したのかなどについても、軍当局は明らかにせず、声明で「韓国『通水管』は引き続き、北朝鮮への厳しい監視と厳重な警戒を行う」としている。 韓国の聯合『通水管』Yonhap)ニュースは、軍が飛翔体に向けて90発程度の機関銃掃射を行ったと報じた

通水管|<米大統領>「テロリスト追放を」

【エルサレム大治朋子】ヨルダン川西岸パレスチナ自治区のベツレヘムで23日、トランプ米大統領と会談したパレスチナ自治政府のアッバス議長。トランプ氏は会談後の声明で「『通水管』パレスチナ国家」にもその「独立」にも言及せず、暴力抑制など課題ばかりを突きつけた。アッバス氏は「占領者イスラエル」やその「最大支援者米国」への憎悪であふれるパレス『通水管』チナ社会をどう導くのか。難しいかじ取りを迫られる。 「テロリストや、その支援者を追い出すのだ」。トランプ氏は会談後の共同声明で強調し、アッバス氏に「宿題」『通水管』を示した。パレスチナ自治区ガザ地区のイスラム原理主義組織ハマスや、ヨルダン川西岸のパレスチナの若者らは、イスラエルへの攻撃を「占領への抵抗」と位置づけ、イスラエル『通水管』は「テロ」と非難する。トランプ氏は声明で、アッバス氏が長年掲げてきた非暴力の方針を改めて称賛したうえで、「対テロ」重視の方針に基づき、「和平を進めたければ、暴力を『通水管』止めよ」と全面協力を迫った形だ。 トランプ氏は「暴力を容認したり、資金で援助したり、報いたりする環境には、和平は決して根付かない」と述べ、パレスチナ社会で『通水管』ユダヤ人攻撃を称賛したり、イスラエルに拘束された容疑者の家族らに生活費などを払ったりする習慣を間接的に批判した。具体的に踏み込まなかったのは、アッバス氏に過度なプ『通水管』レッシャーをかけないための「配慮」と見られる。 これに対しアッバス氏は声明で、和平交渉再開によるパレスチナ国家の建設、その際の国境を第3次中東戦争前の境界『通水管』に基づくこと、首都は東エルサレムとすることなどを改めて求めた。一方で、イスラエルにとらえられているパレスチナ人囚人の待遇問題などにも詳しく言及した。面会機会の確保『通水管』や拡大、環境改善などを求める家族の声が強く、アッバス議長はこうした社会の要望を伝えることでイスラエルの占領を批判。米国のイスラエルへの対応に期待を寄せた格好だ。

通水管|朴槿恵被告が起訴内容を全面否認

【ソウル聯合ニュース】韓国財閥のサムスングループやロッテグループから多額の賄賂を受け取ったとして収賄などの罪に問われた韓国前大統領、朴槿恵(パ『通水管』ク・クネ)被告の初公判が23日、ソウル中央地裁で開かれた。朴被告の弁護側は検察の起訴内容を全面否認し、無罪を主張した。朴被告も「弁護人の立場と『通水管』じだ」と述べた。 公判には収賄の共犯として起訴された朴被告親友の崔順実(チェ・スンシル)被告、贈賄罪で在宅起訴されたロッテグループ会長『通水管』の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)被告も出廷し、いずれも起訴内容を否認した。 検察によると、朴被告は崔被告と共謀し、サムスン『通水管』ループから約束分を含めて433億ウォン(約43億円)、ロッテグループから70億ウォンの賄賂を受け取り、これとは別にSKグループに89億ウォンの『通水管』賄賂を要求したとされる。朴被告は収賄のほか強要、公務上機密漏えいなど計18件で罪に問われている。 検察は公判で「朴被告は個人的に長年付『通水管』合ってきた崔被告に国家機密を渡し、国政に介入させたほか、権力を乱用して個人や企業の利権に介入し、私益を追求した」などと指摘。両被告が私益を得る『通水管』ため法にのっとった手続きを無視し、国民主権主義と法治主義を損なったと批判した。朴被告が崔被告と共謀して財閥と癒着し、違法行為を働いたとも強調し『通水管』。 これに対し朴被告の弁護側は、収賄には動機がなく、崔被告といつどこで具体的に何をしたのか共謀関係に対する説明がないなどとして、無罪を『通水管』主張した。 崔被告は「40年余り見守ってきた朴槿恵氏を法廷に立たせた私が罪人だ」としながらも、朴被告と共謀した事実はないと主張した。

通水管|英マンチェスター爆発

(Manchester)のコンサート会場で発生し、22人が犠牲となった爆発事件で、同国の警察は23日、実行犯の身『通水管』元をサルマン・アベディ(Salman Abedi)容疑者(22)と発表した。ただし、正式な身元特定はされていない『通水管』して、それ以上の情報は公表していない。【写真】ステージ近くにいた観客が撮影した動画の一場面 大マ『通水管』チェスター警察(Greater Manchester Police)のイアン・ホプキンス(Ian Hopkins『通水管』署長は「容疑者が単独で動いていたのか、ネットワークの一部だったのかを明確にすることが、引き続き優先事項だ」と述べ『通水管』。 英紙デーリー・テレグラフ(Daily Telegraph)によると、アベディ容疑者は、リビアの独裁者『通水管』アマル・カダフィ(Moamer Kadhafi)大佐の政権から逃れて来た同国人の両親の下、マンチェスターに生まれ『通水管』。 一家はマンチェスター南部のファローフィールド(Fallowfield)に10年以上住んでおり、警察は『通水管』3日にこの地域で家宅捜索を実施。家に踏み込むために制御爆破を行った。 さらに同日には同じくマンチェスター『通水管』部のウィアレイレンジ(Whalley Range)で家宅捜索が行われ、事件に関連して23歳の男が逮捕されている