通水管|コンビニ3社のフライドチキン、「熱戦」の構図

 コンビニのレジ横に並ぶカウンター商品の中でも、年間を通じて大人気なのがフライドチキン。専門店よりも低価格ながら、店内調理で揚げたてを味わえるのが人気の秘訣だ。各社とも毎年のように商品を強化通水管し、「チキン戦争」が繰り広げられている。この記事の写真を見る 中でも最近好調なのがローソンの「Lチキ」だ。商品本部の橋本拓也氏は笑顔でこう語る。「Lチキはリニューアル後、想定以通水管上に売り上げが伸びている。10~30代の若い世代を中心に支持されており、男性のみならず女性のお客様にも購入していただけている」。 Lチキは6月27日にリニューアルして以降、販売数が倍増通水管した。現在、1店舗で1日平均30個を売り上げており、カウンター周りにある揚げ物商品の中では「からあげクン」(平均50個)に次ぐ販売数になっている。■Lチキのリニューアルは成功したが・・通水管・ Lチキは以前と比べてどう変わったのか。今回のリニューアルにおける一番のポイントはボリュームの増量だ。 従来のLチキは80グラムだったが、これを110グラムに大幅増量。「消費通水管者の方から『より食べ応えのあるLチキが食べたい』という要望が多く、今回のリニューアルで反映した」(橋本氏)。増量した点を踏まえ、価格も税込み130円から150円に引き上げた。 味付けも通水管一新した。以前は「レギュラー」と辛口の「レッド」を展開していたが、今回のリニューアルではスパイスなどを見直している。「旨塩チキン」は岩塩を使用し、さっぱりとした味に特徴がある。「旨辛チキン」は通水管チリペッパーと唐辛子を使用し、辛さが際立つ商品に仕上げた。 Lチキの販売は順調に伸びているが、開発を担当した橋本氏はこう本音を吐露する。「フライドチキンと言えばLチキ、という認知はまだ通水管まだ進んでいない。正直『ファミチキ』の存在感は大きい…」。 競合も一目置くファミチキは、まさにファミリーマートにおける横綱級の商品だ。Lチキと同じ骨なしチキンで、「サイ」と呼ばれる鶏の通水管腰に当たる部位を使用し、サクサクッとした衣の食感に特徴がある。昨年6月には10周年を迎え、現在までの累計販売数は10億個を突破。20~30代男性から圧倒的な支持を受けている「王者」なのだ。

通水管|御巣鷹の麓 鎮魂の灯籠流し 

 520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から12日で32年を迎えるのを前に、墜落現場「御巣鷹の尾根」の麓を流れる群馬県上野村の神流川で11日夕、遺族らが慰霊の灯籠流しを行った。雨の降る中、「空の安全通水管を祈ります」「安らかに」などとそれぞれの思いを書き込んだ大小300個の灯籠を流し、犠牲者の冥福を祈った。 全員で黙とうした後、村長として初めて参加した黒沢八郎村長があいさつし、「あの悲しい事故から3通水管年。あの日の記憶が薄まることはない。慰霊の園の理事長という重責を果たしていきたい」と述べた。 来賓のあいさつで、慰霊登山を続ける作家の柳田邦男さん(81)=東京都杉並区=は遺族らを前に「事故で奪われ通水管多くの命は消滅したわけではない。支え合い、助け合って明日も生きていこうと語りかけてくれている」と話した。 遺族らでつくる「8・12連絡会」や県内のボランティア団体でつくる実行委員会が主催。JR福知山通水管線脱線事故や東日本大震災、御嶽山噴火など大きな事故や災害の犠牲者遺族も参加し、悲しみを分かち合った。高崎アコーディオンサークルとアマービレ・オカリナ会が慰霊の音色を奏でた。 12日は朝から遺族らが慰通水管登山し、夕方に慰霊の園で追悼慰霊式が営まれる。御巣鷹の麓 鎮魂の灯籠流し 日航ジャンボ機墜落 きょう追悼慰霊式灯籠流しの会場で、黙とうする参加者=11日午後6時半ごろ◎惨事 風化させない 事通水管後の世代「語り継ぐ」 日航ジャンボ機墜落事故で亡くなった520人をしのぶ灯籠流しがあった11日、会場となった上野村の神流川を訪れた遺族らは故人に思いを巡らせ、あらためて公共交通の安全を願った。日中に通水管は事故後に生まれた若い世代が慰霊登山をし、事故を後世に語り継ぐことを誓った。 「夫婦2人で暮らしてきた。寂しい限りだった」。田淵親吾さん(88)=兵庫県西宮市=は、陽子さん=当時(24)=と満さん=通水管(19)、純子さん=同(14)=の娘3人を失った。「年を取り現地に来るのは大変だが、風化させたくない」。その一心で毎年足を運ぶ。 事故から32年となり、遺族は事故を伝え、安全を広く訴えたいという思い通水管強くしている。弟の健君=同(9)=を亡くした美谷島真さん(45)=東京都大田区=は「誰もが事故の被害者や遺族になる可能性がある。空の安全や被害者支援は誰もが無関係ではないと呼び掛けたい」と力を込めた。

通水管|米朝、外交接触維持か=緊張緩和の道探る

【ワシントン時事】複数の米メディアは11日、トランプ政権当局者がニューヨ通水管ークの外交チャンネルを通じ、北朝鮮当局者との接触を維持していると報じた。通水管 トランプ大統領が核・ミサイル開発を進める北朝鮮に強硬姿勢を取る一通水管方、米政権は緊張緩和に向けた外交努力も続けているもようだ。 トラ通水管プ大統領は11日、記者団に「水面下の接触については話したくない」と語り、通水管道の確認を避けた。ただ、ティラーソン国務長官はこれまで、北朝鮮が弾道ミサ通水管イル発射を停止すれば朝鮮半島の非核化に向けた交渉に応じる姿勢を示しており通水管外交チャンネルを通じて北朝鮮側の出方を探る狙いがありそうだ。 米通水管側はユン北朝鮮担当特別代表、北朝鮮側は国連代表部の高官パク・ソンイル氏が通水管触。北朝鮮で拘束中の米国人3人の解放などついて話し合っているとみられる

通水管|元会長が激白!明治が泣く泣く

国民的商品を捨てる!? 「カール」の東日本での販売停止が発表され、誰もが耳を疑った。合理的な経営判断か、小手先のリストラか――。決断の裏で、経営陣は苦悩していた。元通水管最高幹部が初めて語る。元会長が激白!明治が泣く泣く「カール」から撤退するまで 「経営会議」は大紛糾した明治乳業との経営統合時、記者会見にのぞんだ佐藤尚忠通水管(Photo by GettyImages)カルビーに負けた 「カールは発売から四十数年、活躍してくれました。(東日本での販売中止は)非常に残念です。通水管 ただ、このところ、皆さん騒いでくれる割には買ってもらえない。販売が終わると発表してから、騒ぐだけでね。もちろん、恨み節ではなく、商品として当然のライフサイク通水管だと思います。 (ネットのオークションサイトで一時、高値で取り引きされていたが)あれはさすがに、デタラメな値段だよね。『カール撤退』は、残念ながらカルビーの通水管ポテトチップスに負けたという歴史です。ポテトチップスのほうが売れていますから」 こう話すのは、明治ホールディングス(HD)相談役の佐藤尚忠氏(77歳)だ。通水管 佐藤氏は明治製菓の社長として、同じ旧明治製糖の流れを汲む明治乳業との経営統合を仕切り、'09年に合併した後、持ち株会社・明治HDの初代社長、会長を歴任した。明通水管治という会社の表も裏も知り尽くすキーパーソンである。 今年5月、明治はロングセラーのスナック菓子「カール」の生産を大幅に縮小し、西日本での生産・販売に限定す通水管と発表した。日本国民に大きな衝撃を与えた「カール撤退」のすべてを、佐藤氏が明かした。 「明治はチョコレートの売り上げが伸びていて、現在は生産工場が足りない状通水管況にある。売り上げが低迷するカールの生産を西日本に集中させ、今までカールを生産してきたラインをチョコレート生産のラインに変更することは、経営判断としては当然です。

通水管|東芝、赤字9656億円

東芝は10日、確定作業が大幅に遅れていた2017年3月期通水管の有価証券報告書(有報)を金融庁に提出するとともに、17通水管年3月期の連結決算を約3か月遅れで正式に発表した。通水管 最終利益は米原子力事業の巨額損失により9656億円の通水管赤字で、国内製造業で過去最大規模となる。 東芝と通水管監査法人のPwCあらたは、米原子力事業での巨額損失を把握通水管した時期を巡って意見が対立し、正式な決算の発表が遅れてい通水管た。PwCあらたは有報に付ける監査報告書で、米原子力事業通水管の損失評価を除き、決算は「重要な点において適正に表示して通水管いるものと認める」として「限定付き適正」を表明した。

通水管|野生ゾウの襲撃で犠牲者15人

【AFP=時事】インド東部で過去数か月間に15人の犠牲者を出している野生のゾウについて、野生生物保護当局は9日通水管、早急に事態を収拾できない場合は、このゾウを近く射殺する可能性があることを明らかにした。【関連写真】建通水管100棟損壊 市街地に入り込んだ野生ゾウ 同国ジャルカンド(Jharkhand)州森林・野生生物保護管通水管理当局のL・R・シン(L.R. Singh)氏は、8日夜に新たな犠牲者が出たことを受け、保護区のレンジャーやハ通水管ターらが同州に集まっていると述べた。 気性の荒いこのゾウは今年3月、ビハール(Bihar)州で4人を踏通水管みつけて死亡させた後、隣接するジャルカンド州へと移動し、ここでさらに11人の命を奪ったとされる。 シン通水管は、「現在、専門家らのチームが解決策を話し合っている。ゾウの射殺も選択肢の一つだが、それは最終手段。一両日中に通水管答えを出す」と語った。 このゾウをめぐっては、群れからはぐれた個体とみられており、村々に出没しては住民通水管を襲っている。 シン氏によると、森林に覆われたジャルカンド州では年間約60人がゾウの襲撃により命を落と通水管しているが、インド全体では今年5月までの3年間でゾウやトラに襲われて死亡した人は推定1100人に上るという。

通水管|移民29人溺死させる

【カイロ時事】国際移住機関(IOM)は9日、ソマリアやエチオピア通水管出身の移民を乗せてイエメンに向かっていたボートから同日、上陸直前通水管に摘発を恐れた密航業者によって120人以上が故意に海に投げ出され通水管29人が溺死したと明らかにした。 22人が行方不明。犠牲通水管者は、生き延びた移民の手でイエメン南部シャブワの砂浜に埋められた通水管いう。 IOMによると、移民らは内戦が続くイエメンを経由通水管し、裕福なペルシャ湾岸諸国を目指していた。生存者は「密航人が海岸通水管近くで『当局者』を見掛けたため、移民を海に投げ落とした。密航人は通水管にソマリアに帰り、また移民を同じルートで連れてこようとしている」通水管と証言した。ボートに乗っていた移民の平均年齢は16歳だった。