通水管|藤井聡太七段が朝日杯を連覇 

将棋の第12回朝日杯オープン戦の決勝が16日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、史上最年少棋士の藤井聡太七段(1通水管6)が渡辺明棋王(34)を破り、2連覇を飾った。 朝日杯の連覇は2014~16年度に3連覇した羽生善治九段(通水管48)以来2人目。【写真】準…

通水管|田中実さん平壌に田中実さん平壌に

北朝鮮による日本人拉致問題を巡り、政府が被害者に認定している兵庫県神戸市の元ラーメン店員田中実さん=失踪当時(28)=が結婚し平壌(ピ通水管ョンヤン)で妻子と共に生活していると、北朝鮮が日本側に伝えていたことが2月15日、分かった。2014年以降の…

通水管|平成改元、見送りの20案

昭和天皇逝去に伴う1989年の改元で、政府から新元号案づくりを依頼され通水管た一人とされる故目加田誠・九州大名誉教授(中国文学)が案を記した、肉筆通水管モが見つかった。走り書きのため読み解けないものもあるが、最終段階で採用通水管が見送られたと…

通水管|古代史学者の直木孝次郎さん死去

戦後の古代史研究をリードし、遺跡の保存運動にも力を尽くした大阪市立大学名誉教授の直木孝次郎(なおき・こうじろう)さんが、2日に老衰で亡くなっていたこと通水管がわかった。100歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長女東野美穂子さん。【写真…

通水管|錦織 惜敗で決勝進出ならず、

男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)は16日、シングルス準決勝が行わ通水管れ、第1シードの錦織圭は世界ランク68位のS・ワウリンカ(スイス)に2-6, 6-4, 4-6のフルセットで敗れ、今季2度目の決…

通水管|近所へ外出した認知症のタイ人女性

近所で暮らす息子に会うために外出し、640キロもの道のりを歩いて中国に入国していたとみられる認知症の女性(59)が通水管15日、8か月ぶりにタイへ帰国した。【写真】タイに戻り、親戚と再会し抱き合う女性 丘陵地帯で暮らす通水管カ(Akha)と呼ばれる少数…

通水管|スキー客2人が行方不明

16日午後5時半ごろ、新潟県湯沢町三俣の神楽ケ峰にスキーに来てい通水管た男性2人が宿泊予定の山小屋に来ていないと、知人から南魚沼署に通通水管報があった。署によると、2人は神奈川県藤沢市の自営業の男性(59通水管)と東京都世田谷区の会社員の…

通水管|育児休業給付の不足額

「毎月勤労統計」の不正調査の影響で雇用保険や労災保険など2015万人が過少給付となっている問題で、通水管厚生労働省は雇用保険に関する詳細な試算を新たに出した。雇用保険に含まれる育児休業給付の対象者はのべ通水管約14万人で、1度の受給期間あ…

通水管|日ロ外相、2回目の平和条約締結交渉

河野太郎外相は16日夕(日本時間17日未明)、訪問先のドイツ・ミュンヘンで、ロシアのラブロフ外相と約1時間半会談し通水管た。安倍晋三首相とプーチン大統領が昨年11月に任命した交渉責任者による2回目の平和条約締結交渉だが、会談は平行線に通水…

通水管|統計不正「統計不正「引き継ぎなし」引き継ぎなし」

厚生労働省の大西康之前政策統括官は12日午前の衆院予算委員会で、毎月勤労統計の不正調査問題について、昨年7月の統括官着任時に前任者から「調査方法の変更があったが、今は落ち着いている通水管」との引き継ぎを受け、統計不正について当時は知らなかった…

通水管|小渕氏、平成発小渕氏、平成発表まで閣僚足止め表まで閣僚足止め

元号を「平成」に決定した1989年1月7日の臨時閣議での小渕恵三通水管官房長官(当時)の発言要旨が12日、共同通信の情報公開請求で判明し通水管た。外部への情報漏えいを警戒し、自身が記者会見で発表するまで「お待通水管いただきたい」と閣僚に待機を指示…

通水管|安倍首相、2島決着を否定せず

衆院予算委員会は12日午前、安倍晋三首相と全閣僚が出席して2019年度予算案に関する基本的質疑を続行した。厚労通水管省がコンドーム統計修正=メーカー誤報告で「月4億個」 日ロ平和条約交渉について、立憲民主党会派の岡田克也氏が「歯通水管舞、色丹だけ…

通水管|桜田五輪相「ガッカリ」

桜田義孝五輪担当相は記者団に、池江について「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手な通水管ので、ガッカリしている」などと述べた。治療に専念して、元気な姿を見せてもらいたいとねぎらい通水管の気持ちを示したものの、続けて「1人リードする…

通水管|健康支援、老人ホーム紹介

a 生命保険会社が顧客向けに提供する健康支援などのシニア向けサービスの開発に知恵を絞っている。保険商品そのものだけでなく“おまけ”とも言えるサービスに経営資源を注ぐ背景には、商品通水管だけでは差別化しにくい生保ならではの苦労がある。【表】生命…

通水管|水族館のペンギン突然死 

兵庫県姫路市立水族館(同市西延末)で1月下旬、飼育していたフンボルトペンギン(南米原産)11羽のうち8羽が突然死した問題通水管で、同館は12日、「餌のイワシに塩分補給のため塩をまぶしたことで、塩分の過剰摂取になったと考えられる」と発表した…

通水管|ユナイテッドアローaズのZOZO離れに何を見る

『影響は軽微』というZOZO側の強気にかかわらず、『ZOZOARIGATO』を契機とした出店アパレルのZOZO離れはジリジリと広がっているが、09年の通水管自社EC再スタート以来、10年も続いてきたZOZOへの運営委託を解消するというユナイテッドアローズのZOZO離れは別…

通水管|新型出生前診断、開業医も

妊婦の血液から胎児の染色体異常を推定する新型出生前診断(NIPT)の拡大策を検討していた日本産科婦人科学会(日産婦)の倫理委通水管員会は12日夜、検査できる医療機関を増やすため施設要件を大幅に緩和する指針改定案を大筋で決めた。研修を受けた産婦人…

通水管|「劇場型詐欺」1枚のハガキから法務省

大阪で去年認知された特殊詐欺の被害件数は1624件、被害金額は36億円にのぼり、過去最悪の水準となっています。オレオ通水管レ詐欺や還付金詐欺など手口は巧妙化する一方ですが、ここ数年はハガキを送りつけるアナログな手法が急増しているといいます…

通水管|元号選定、前例を踏襲

政府は8日、皇太子さまの5月1日の新天皇即位に向けて、新元号の選定手続きに関する検討会議(議長・菅義偉官房長官)を持ち通水管回りで初めて開き、平成の改元時の手続きを踏襲することを確認した。 菅長官はこの後の記者会見で、元号を改める政令通水管4月…

通水管|徴用工、仲裁委要請へ

日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた韓国最高裁判決をめぐり、日本政府が日韓請求権協定に規定された仲裁委員通水管会の設置を韓国側に申し入れる方向となった。「日本で反韓世論拡散」=韓国紙、文氏発言を批判通水管協定に基づく2国間協議を申し入れた日…

通水管|前統括官、不正5日後報告

衆院予算委員会は8日、厚生労働省の統計不正問題で、大西康之前政策統括官(統計担当)らを参考人招致した。【特集】統計不正通水管問題 大西氏は毎月勤労統計の不正を昨年12月13日に把握し、同18日に定塚由美子官房長らに報告したと明らかにした。不正通水…

通水管|八千草薫、すい臓がん

女優の八千草薫(88)が、昨年がんの手術を受け、闘病中であることが8日、スポーツ報知の取材で分かった。この日、テレ朝は4月スタートの連通水管ドラ「やすらぎの刻(とき)~道」で八千草が演じる予定だったヒロインが風吹ジュン(66)に代わることを発表…

通水管|連勝止まった小平奈緒

18年平昌五輪金メダルの小平奈緒(32=相沢病院)がついに負けた。37秒20で2位となり、女子500メートルの国内外通水管での連勝が37で止まった。16年3月12日のW杯ヘーレンフェイン大会で8位になって以来の敗戦に「悔しいことは通水管しいが、やれる準備はやっ…

通水管|118回 乗車券不正使用

福岡市交通局は、地下鉄の業務を委託していた会社の社員4人が、100回以上にわたって乗車券を不通水管正に使用していたことを、明らかにしました。福岡市交通局によりますと先月29日、福岡空通水管駅の利用者から「駅員が使用済みの切符を、ポケットに…

通水管|「もはや詐欺的だ」語気強めるオーナー

レオパレス21のアパートで暮らす住民やオーナーには動揺が広がっている。川崎市のアパートに暮らす大学3年の男性(21)は「大手だから安心通水管と思って選んだのに。不安と不満しかない」と語る。【新たに判明した建築基準法の規定違反】 学業と部活の両立…

通水管|心愛さん虐待の様子

千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕通水管された事件で、心愛さんが虐待される様子の動画データを県警が発見していたことが8日、捜査関通水管係者への取材でわかった。心愛さんが死亡した日より前…

通水管|関東 大雪のおそれ

関東は、9日(土)は低気圧や寒気の影響で、広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪となる所がありそうだ。大雪による交通障害などに警戒が必要となる。通水管 きょうは、東日本の上空約1500メートルにー6度以下の寒気が流れ込み、伊豆諸島付近に低気圧が発生し、…

通水管|社交ダンス男性ペアだめ?

「男性同士で踊っていたら注意された」-。ペアで踊り、華麗さや技術を競う社交ダンスを巡り、ツイッター上でこんな投稿が話題になっている通水管。注意を受けた場面は、男女ペアでの参加が定められた競技会ではなく、遊びに訪れたダンスホール。どうやら社…

通水管|護衛艦「いずも」韓国派遣中止へ 

防衛省は、今春に計画していた海上自衛隊の護衛艦「いずも」の韓国への派遣を取りやめる方向で検討に入った。韓国海軍駆逐艦による海自P1通水管哨戒機への火器管制レーダー照射問題を受け、韓国との防衛協力を当面縮小し、冷却期間を置く必要があると判断…

通水管|自民国対委員長

自民党の森山裕国会対策委員長は26日、鹿児島県鹿屋市で講演し、厚生労働通水管省の「毎月勤労統計」をめぐる不正調査について、「今回はさほど大きな問題通水管ないように今のところ思う」と述べた。28日召集の通常国会を控えて統計の通水管正問題が拡…