通水管|なぜ今、米軍機の事故が多発しているのか

米軍航空機の事故が多発する背景には、北朝鮮情勢の悪化のほか、2003年の対イラク戦争から対アフガニスタン、対シリアと15年間に及ぶ米軍の「戦争疲れ」、さらに軍事費削減による整備通水管不足といった指摘が上がっている。【表】2016年12月のオスプレイ墜…

通水管|皇居で講書始の儀=雅子さま15年ぶり出席

天皇、皇后両陛下が年頭に学界の第一人者から講義を受けられる「講書始の儀」が10日午前、皇居・宮殿で、皇太子ご夫妻や秋篠宮ご夫妻ら皇族方も出席して行われた。 療養中の雅子さまの出席は2003年以来15年ぶり。 今通水管年の進講者とテーマは、田代和生・…

通水管|日本海側は広く雪 西日本でも大雪に警戒

きょう10日(水)は冬型の気圧配置が強まり、上空には強い寒気が流れ込む。北日本を中心に暴風雪や暴風、高波に警戒が必要だ。また、北日本から西日本の日本海側を中心に、大雪による交通障害やなだれに警戒・注意する必要がある。通水管 低気圧が発達しなが…

通水管|「蒸し返し」に失望感

日本政府は、韓国政府が慰安婦問題を巡る日韓合意に関して新たな対応方針を発表したことに強く反発している。 康京和(カンギョンファ)外相が言及した「自発的な真の謝罪」には一切応じな通水管い方針で、合意の着実な履行を引き続き求めていく構えだ。 「…

通水管|国有地、架空の投資勧誘が続発

平成28年から29年にかけて、国有地を管理する財務省関東財務局に、国有地の売却に絡む架空の投資話に関する相談や問い合わせが多数寄せられていることが9日、関係者への取材で分かった。仲介業者を名乗る人物が企業経営者らに、財務省などの中央省庁の…

通水管|鈴木選手の自白、感謝してる

カヌー・スプリントの鈴木康大(やすひろ)選手(32)がライバルの小松正治(せいじ)選手(25)の飲み物に禁止薬物を混入させた問題で10日、通水管小松選手が代表合宿中の石川県小松市内で報道陣の取材に応じた。「プライベートでも仲が良かったので…

通水管|振袖が大量に出品されていたメルカリがコメント発表

フリマアプリ「メルカリ」に多数の振袖などが出品されており、晴れ着の着付けやレンタルをする会社「はれのひ」と契約した新成人のもとに振袖が届かず、連絡もつかなくなった問題との関連を指摘する声が相次いでいる。通水管これを受け、メルカリは1月10日、…

通水管|静岡・湖西市議を逮捕

男子高校生(17)に現金を払い、わいせつな行為をしたなどとして、神奈川県警が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、静岡県湖西市議の島田正次容疑者(70)を逮捕したことが通水管10日、県警少年捜査課への取材で分かった。 逮捕容疑は昨年12月、横浜市のホテ…

通水管|鳩山議員の秘書が辞任

鳩山議員の秘書が辞任。自民党の鳩山二郎衆院議員は、「辞めるってことですか? そ通水管れは小沢からも聞きましたし、はい、聞いてます」と述べた。自民党の鳩山二郎衆議院通水管議員の秘書・小沢洋介氏(45)が2017年4月、顧問を務める会社と関係があった免税…

通水管|韓国大統領「条件が整えば北と首脳会談」

韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領は10日、条件が整えば北朝鮮の金正恩(通水管Kim Jong-Un、キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と首脳会談を行う用意があると改めて表明し通水管た。朝鮮半島の非核化は「平和への道筋であり、わが国の目…

通水管|<東京地裁>夫婦別姓を求め提訴

日本人同士が結婚する際に夫婦別姓を選択できないのは憲法違反だとして、東証1部上場のソフトウエア開発会社「サイボウズ」(東京都中央区)の青野慶久社長(46)ら男女4人が9日、1人55万円の国家賠償を求めて東京地裁に提通水管訴した。法律婚をし…

通水管|慰安婦問題、追加措置を拒否

河野太郎外相は9日、韓国が発表した日韓合意に関する対応方針について、外務通水管省で記者団に「韓国が日本にさらなる措置を求めることは、全く受け入れることが通水管きない」と強調した。 その上で、韓国側に改めて日韓合意の「着実な履通水管」を強く求…

通水管| 「ガキ使」での黒塗りメイク“再放送

昨年大みそかに日本テレビ系で放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」における「ダウンタウン」の浜田雅功の“黒塗りメイク”が物議を醸している通水管。 「ダウンタウン」らレギュラー出演メンバ…

通水管|カヌー薬物混入 鈴木康大選手が禁止薬物を

日本カヌー連盟は9日、昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)で鈴木康大選手(32)=福島県協会=が、優勝した小松正治選手(25)=愛媛通水管県協会=の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤メタンジエノンを混入させ、小松選手がド…

通水管|夜勤の女性はがんになりやすい、研究

定期的に夜勤シフトで働く欧州と北米の女性は、日中に勤務する女性と比べてがんにかかるリスクが19%高くなる可能性があるとの研究論文が8日、発表された。【関連写真】まさか…昼食の「生魚料理」が肝がんの原因通水管に、地元の食習慣と闘う医師 米がん学会…

通水管|親の呪縛から逃れたい…

結婚は「家に入る」ことではないのに、そんな意識に基づく慣習は平成の今も残っています。「親子の絆」は、義務や責任、束縛へ変わることもあります。実の母でも、義理の母でも、自らの通水管価値観を押しつけるような親の呪縛から、逃れようとする女性たち…

通水管|福岡市、部活顧問を外部から採用

福岡市は、市立中学校と高校の部活動の顧問に、競技経験などがある校外の人材の活用を2018年度から始める方針を固めた。「部活動指導員」として学校職員に採用し、単独での指導や大会への生徒引率など、従来は教員が通水管担ってきた顧問の役割を任せる。部…

通水管|振り袖の販売・貸出のはれのひ

はれのひ(株)(TSR企業コード:872372723、法人番号:8290001055791、横浜市中区桜木町1-通水管101-1、登記上:福岡市博多区博多駅前2-12-26、設立平成23年3月28日、資本金150万円、篠崎洋一郎社通水管)は1月9日までに店舗を閉鎖し、事実上事業を停止し…

通水管|財務省「適正に処理」

山梨県の学校法人「日本航空学園」に国有地が格安で売却された問題で、財務省理財局は9日、取材に対し「ルールに基づいて通水管適正に処理した」との見解を示した。 国有地が無断で約50年間使用されていたことについては「容認していない。通水管その都度購…

通水管|韓国、10億円負担を表明

韓国の康京和外相は9日、慰安婦問題をめぐる日韓政府間合意について記者会見し、合意に基づき日本政府が拠出通水管した10億円について、韓国政府が予算で負担する考えを表明した。 また、日本政府に対して合意の再通水管渉を求めない一方、元慰安婦らの「名…

通水管|もんじゅ燃料、夏ごろ取り出し

日本原子力研究開発機構は5日、原子力規制委員会に廃炉計画を申請した高速通水管増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、今年夏ごろ核燃料の取り出しに着通水管手するとの見通しを明らかにした。 計画では規制委の認可を受けた後、通水管2018年度に燃…

通水管|EEZ権益確保、今国会で法整備

自民党は5日、日本の排他的経済水域(EEZ)の権益確保に関する法案を今国会に提出する方向で検討に入った通水管。 中国が東シナ海で進めるガス田開発拡大の動きをけん制するのが目的で、外国人による人工島建設や海通水管洋科学調査の規制などを盛り込む。議…

通水管|「核使えば北朝鮮という国なくなる」…

小野寺防衛相は5日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、核・ミサ通水管イル開発を続ける北朝鮮について、「(核兵器を)日米韓に使えば、北朝鮮通水管という国がなくなるほどの影響を受けることになる」と述べ、けん制した。通水管 北朝鮮との対話再開…

通水管|冒険家荻田さん南極点到達=無補給単独

昨年11月中旬に南極大陸の海岸から南極点を目指して歩き始めた冒険家の荻田泰永さん(40)が日本時間6日午前1時45分ごろ、外部から物資通水管補給を受けない「無補給単独徒歩」による南極点到達に成功した。東京にある遠征事務局によると日本人では初めてで…

通水管|長嶋茂雄氏、“ライバル”星野氏死去に

巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(81)が6日、4日に亡くなった楽天の星野仙一球団副会長へ追悼のコメントを球団を通して通水管発表。「あまりにも突然の事で本当に残念でなりません」と悲しんだ。【写真】突然すぎる…昨年12月には「野球通水管堂入りを祝う…

通水管|タワーマンション、見直される「中・低層階」

都心などで次々に建設が進むタワーマンション(タワマン)。眺望のよさや施設の充実などが人気となり、かつては、高層階に住む人の優越感と、「格差」を感じるその他の人々の姿を描いたドラマも放送され、話題になった。しかし、税制改正によりそうした「高…

通水管|合格祈願お守りに微量の有害物質

列車の滑り止めに使う砂を合格祈願のお守りにする「すべらサンド」の一部に微量の有害物質が含まれていたことが判明し、JR西日本金沢支社が福井県通水管内での配布を取りやめたことが5日、分かった。同支社は「自然界に存在する物質で健康への影響もないが、…

通水管|非正規シングル女性、

非正規雇用で未婚、親と同居。収入は少ないけれど、友人はいて「生活は充実している」。平成に入り「男性稼ぎ主モデル」から「女性活躍」への変化の波があります。取り残されていると感じる非正規シングル女性の内なる声に耳を傾けました。(朝日新聞記者・…

通水管|「かあちゃんに会いたい」

九州豪雨の発生から5日で半年。妻の行方はいまだに分からない。福岡県朝倉市杷木松末(ますえ)の建設業、田中耕起さん(54)は結婚して32年で初めて、正月に妻加奈恵さん(63)のおせちや雑煮を食べられなかった。思い出すのは妻の顔。寂しくて、通水管気を…

通水管|大嘗祭、来年11月14日軸 即位の礼は分離

新天皇となる皇太子さまが初めて執り行う新嘗祭(にいなめさい)「大嘗祭(だいじょうさい)」について、宮内庁が来年11月14~15日を軸に検討を始めたことが5日、分かった。国内外に広く即位を宣明される「即位礼正殿(せいでん)の儀」を中心とする…