2017-07-14から1日間の記事一覧

通水管|中国、共産党への異論許さず

ノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が末期がんであることが明らかになって以降、中国当局は適切な治療を行っていることを重ねて強調し、自らの正当化に終始した通水管。 欧米を中心に国際社会が求めた即時釈放と海外での治療は結局認めず、共産党による一党支配…

通水管|トランプ政権 駐日米大使の人事承認

ワシントン=加納宏幸】米上院(定数100)は13日の本会議で、トランプ大統領が次期駐日大使に指名した実業家ウィリアム・ハ通水管ガティ氏(57)の人事を86対12の賛成多数で承認した。オバマ前政権の2期目に大使を務めたキャロライン・ケネディ…

通水管|特別養子縁組、6歳以上も対象検討

生みの親が育てられない子どもと育ての親が戸籍上の実の親子となる特別養子縁組について、政府は対象年齢をいまの6歳未満から引き上げ通水管る検討を始める。虐待などで親元で暮らせない子どもが、一人でも多く家庭的な環境で育つことができるようにする狙…

通水管|<鳥取刑務所>接見拒否

鳥取地裁倉吉支部(鳥取県倉吉市)で昨年11月、刑事裁判の被告と弁護士との接見(面会)を裁判官が認めたのに、被告を護送する鳥取刑務所が、支通水管部に接見室がないことを理由に拒否していたことが分かった。弁護士は第三者の立ち会いなしに接見できる…

通水管|<成果型労働制>首相と連合、思惑一致

政府と連合が13日、「高度プロフェッショナル制度」の導入に向けて歩み寄ったのは、「働き方改革」の具体化で政権の再浮揚を目指す安倍晋三通水管首相と、労働政策で存在感を示したい連合の思惑が一致したためだ。神津里季生会長は制度容認を「方針転換で…

通水管|稀勢の里、初の2場所連続休場

大相撲の横綱・稀勢の里(31)=田子ノ浦=が名古屋場所6日目の14日から休場した。 この日、日本相撲協会通水管に休場届けを提出。稀勢の里の休場は今年夏場所に続き2場所連続で3度目。同日午前に師匠の田子ノ浦親方(元幕内・通水管の鶴)が長久手市の宿舎…

通水管|“ランチ難民”が課題

研究機関の立地が急ピッチで進む川崎市臨海部の殿町国際戦略拠点キングスカイフロント(川崎区殿町3丁目)で就業人口の急増に伴い、“ランチ通水管難民”への対応が課題となっている。研究棟内の社員食堂や近隣の飲食店がないからだ。6月から始まった仕出し…

通水管|トラック輸送、他社と連結

深刻なドライバー不足を解消するため、宅配最大手のヤマト運輸はライバル企業通水管に協力を呼びかけ、高速道路での共同輸送に取り組む方針を固めた。 年通水管内にも、東名高速道路などで実証実験を行い、早期の導入を目指す。企業の枠を超通水管えた連携に…

通水管|岸田外相「安倍政権支える」

岸田文雄外相は13日、自民党岸田派の会合であい通水管さつし、党が惨敗した東京都議選や下落する内閣支通水管率について「厳粛に受け止め、冷静に分析しなけれ通水管ばならないが、数字や批判の一つひとつに振り回さ通水管ているのでは情けない限りだ。一…

通水管|<加計問題>首相、求心力低下危惧

安倍晋三首相が学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡る衆院予算委員会の閉会中審査に応じる意向を示したの通水管は、自らが国会で説明しなければ求心力低下に歯止めがかからないと危惧したためだ。自民党側がいったん決めた予算委開通水管催拒否…