海賊キャプテン・キッドの財宝発見か、マダガスカル沖

米探検家らのチームが7日、マダガスカル沖の沈没船の中から、17世紀のスコットランド(Scotland)出身の海賊ウィリアム・キッド(William Kidd)、通称キャプテン・キッド(Captain Kid徵信社d)のものとされる銀の延べ棒を発見したと発表した。バイキングの財宝、金属探索愛好家が発見 スコットランド 海洋考古学者のバリー・クリフォード(Barry Clifford)氏は記者会見で、サ徵信社ト・マリー(Sainte Marie)島に近い海域でキャプテン・キッドが乗っていた「アドベンチャー・ギャリー(Adventure Galley)号」とみられる沈没船を発見し、その中から50キロの銀の延べ棒が徵信社つかったと発表した。 キャプテン・キッドは1645年ごろスコットランドに生まれ、当初は英当局から海賊退治役として雇われていたが、後に自ら冷血な海賊になった。1698年に高価な貨物を積んだ船を襲って略徵信社行為に及んだことから拘束されて囚人となり、英議会からの尋問を受けた後、テムズ川(River Thames)に近いワッピング(Wapping)で1701年に処刑された。 しかしその強奪品の多くの行方に徵信社いては謎のままとなっており、何世代にもわたって財宝発見を目指す人々の好奇心をかき立て、興奮をもたらしてきた。 クリフォード氏が海底から銀の塊を拾い上げる様子は、ドキュメンタリー取材班が撮影していた。徵信社氏はその延べ棒をサントマリー島で7日、ヘリー・ラジャオナリマンピアニナ(Hery Rajaonarimampianina)マダガスカル大統領に手渡した。 クリフォード氏は、「13隻の船を発見した。そ徵信社うちの2隻について、これまで10週間にわたって調査を続けてきた」「1隻は『ファイヤー・ドラゴン(Fire Dragon)号』で、もう1隻がキャプテン・キッドの船『アドベンチャー・ギャリー号』だ」と述べた。 徵信社推薦 優質徵信社 合法徵信社 徵信社 徵信社公會 徵信社價格