やしきたかじんさん遺贈金2億円、夫人から返還請求

昨年1月に亡くなった歌手やしきたかじんさん(享年64)が大阪活性化をねらい、キャプテンと理事を務めていた一般社団法人「OSAKAあかる徵信社クラブ」は7日、公式ホームページに書面を掲載し、たかじんさんの妻、家鋪さくらさんから、遺贈金2億円について、事実上の返還請求があったこ徵信社とを明らかにした。 同クラブは4月30日付の書面を掲載し、返還請求についての正式見解を掲載した。 遺贈金の返還請求をめ徵信社っては、一部週刊誌にさくら夫人側から同クラブ側に返還を求める請求があったなどと報じられ、4月27日に2代目キャプテンとして、桂文枝が就徵信社任したセレモニー後に、同クラブ理事が取材対応。 同理事は「返還請求はなかったが、新法人設立に遺贈金2億円をあてる形で協力してほ徵信社しいとの依頼はあった」としたが、あくまでも「返還請求ではなかった」と話していた。 今回、一転して、返還請求があったことを認める徵信社容を記載した理由には、取材側からの質問の中に「奪い返そうとした」との表現があったため「当該理事は『奪い返そうとした』というのは語弊があ徵信社ると判断し、その場で不正確なコメントをしてしまいました」と説明した。 遺贈金2億円については、同クラブが昨年12月、たかじんさんの遺言に基づき、遺産から2億円を受領したことを、同ホームページで報告。この日掲載した書面には、たかじんさんの遺言の内容も記載。 徵信社推薦 優質徵信社 合法徵信社 徵信社 徵信社公會 徵信社價格