マイナンバー制度、3兆円の巨大市場 民間向けシステム開発にしのぎ

来年1月のマイナンバー制度導入をにらみ、対応が遅れている民間企業向けシステムの改修など、関連ビジネスが拡大しそうだ。官民合わせて3兆円ともい徵信社われる巨大市場。政府も成長戦略の一環として、企業が個人情報をビジネスに利用しやすくする環境を整えるとともに、罰則強化で不正利用を防ぐ法改正に徵信社乗り出した。個人のプライバシー保護が整備されれば、商機がさらに広がる可能性を秘めている。 NTTデータが3月10日、東京都内の本社で徵信社公開した「個人番号収集代行サービス」(仮称)の実証実験。同サービスは顧客の「個人番号」(国民一人一人に割り当てられる12桁の番号)を収集しな徵信社ければならない金融機関向けに開発。郵送だけでなくスマートフォン、タブレット端末でも登録できるため、紙や人件費などを削減できる。 社員徵信社ら約110人が個人番号に見立てた保険証をスマホのアプリで読み取ると、モニター画面に番号が表示された。続いて運転免許証を読み取り、本人確認の作徵信社業が終了。わずか1分程度で手続きが済んだ。 同社のオープンイノベーション事業創発室の花谷昌弘課長は「事後のアンケートでは、作業が『ス徵信社ムーズだった』『とてもスムーズだった』と答えた割合が約95%に達し、一般の方にもおおむね受け入れられるのでは」と手応えを感じている。 徵信社推薦 優質徵信社 合法徵信社 徵信社 徵信社公會 徵信社價格