<シャープ>「出直し」躍起 中小企業化、資本金で累損一掃

経営再建中のシャープが現在1218億円ある資本金を1億円に減らす方針を決めたことが9日、分かった。6月下旬の株主総会で承認を受け、徵信社実施する。資本金を1億円以下にすれば、法人税法上の「中小企業」とみなされ、税制上の優遇措置が受けられる。資本金を取り崩して累積赤字徵信社を一掃し財務体質を改善、法人税の減免を利益拡大に役立てる。売上高約3兆円の電機大手ながら「中小企業」として、なりふり構わず生き残る徵信社姿勢を示す狙いがある。【表で見る】シャープの現状と今後取り組む構造改革 シャープは、過去から積み上がった累積損失が徵信社単体で208億円(2014年3月末時点)ある。15年3月期も2300億円前後の連結最終(当期)赤字となる見込みで、累積損失はさらに徵信社膨らむ見通しだ。このため、99%超の減資に合わせ、主力取引銀行2行から約2000億円の債務を優先株に振り替える金融支援も受ける。累徵信社積損失を処理した後の残額は剰余金に振り替え、16年3月期に1000億円超の赤字となっても、再び累積損失に陥らないように備える。 徵信社推薦 優質徵信社 合法徵信社 徵信社 徵信社公會 徵信社價格