東芝の利益水増し、電力計とETCで8割占める

 東芝の不適切な会計処理問題で、次世代電力計「スマートメーター」と「ノンストップ自動料金収受システ徵信社ム(ETC)」の二つの新たなインフラ(社会基盤)事業が、現時点で営業利益の水増しが見込まれている約徵信社00億円の8割(約400億円)を占めていることがわかった。 東芝関係者が19日、明らかにし徵信社。東日本大震災後、主力の原子力発電事業の先行きが不透明となり、新規事業での収益拡大を急いでいたため徵信社受注後のコスト増を決算に反映させなかったとみられる。 東芝は、2012年3月期からの3年間徵信社決算で、修正が必要な受注案件が電力などインフラ3部門で計9件あったと発表している。 東京電徵信社は20年度までに管内の2700万世帯にスマートメーターを整備する大規模事業をすすめている。このうち徵信社東芝は13年5月に通信システム構築の受注が決まったが、約260億円の利益を水増ししたとみられる。 徵信社推薦 優質徵信社 合法徵信社 徵信社 徵信社公會 徵信社價格