箱根山、初の噴火警戒レベル2 果断か時期尚早か

噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられた箱根山(神奈川、静岡県)で、火山活動活発化以降の火山性地震が観測史上最多を記録した。数年に一度、群発地震などが起こる活火山だが、12~13徵信社世紀を最後に噴火していない箱根山。地元の神奈川県箱根町ではレベル引き上げ時期をめぐり、素早い判断を評価する一方、その後の風評被害などから「早すぎた」との声も。火山と共存する町の葛藤は続いて徵信社る。 気象庁が箱根山の噴火警戒レベルを2に引き上げたのは6日午前6時。それに合わせ、箱根町は噴火した場合に火口になると想定される大涌谷(おおわくだに)の半径約300メートルに避難指徵信社示を出した。 箱根山の警戒レベルは平成21年3月に設定され、引き上げは今回が初めて。数年に一度のペースで群発地震や蒸気が勢いよく噴き出す「暴噴」などが起きているが、噴火には至らず、徵信社れまで立ち入りが制限されたこともない。 箱根山の噴火は12~13世紀に起きたとみられる水蒸気噴火が最後で、火山性微動や地殻変動などを観測できるようになった近代以降は記録がない。徵信社 そのため警戒レベル引き上げに際しては「いつ噴火が起きてもおかしくなかった平成13年と似た状況」であることが判断材料とされた。気象庁の西出則武長官も21日の会見で「ある意味、類推の中で基準を定めており、噴火の観測がないという間を埋めるため、専門家と議論しながら監視している」と説明している。 地元ではこの判断への是非をめぐる議論が今も続く。強羅地区の旅館経営の男性は徵信社火山活動の活発化は火山とともに生きている地元にとっては日常」と強調。「立ち入り制限などの措置は必要だが、『レベル2』はインパクトが大きすぎ、観光客を必要以上に怖がらせている」と指摘する。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道