バター、7千トンの不足見込み 農水省は緊急輸入の方針

バターが昨年度に続き、今年度も品薄になるとの見通しを酪農・乳業の業界団体「Jミルク」が25日発表した。今年度は全国で7100徵信社トン不足する見通しで、農林水産省は近く、不足分を補うための追加の緊急輸入を決定する方針だ。 Jミルクは、今年度の国内徵信社バター生産量は昨年度に比べ5・2%増の6万5千トンと予想する一方、需要も0・9%増の7万5千トンと見込み、国内産バターだけで徵信社は必要量をまかなえない見通し。昨年度と同様、ケーキの需要が集中するクリスマスシーズンを中心に不足が見込まれるという。徵信社 農水省は今年度2800トンのバターを輸入することをすでに決めているが、不足分をまかなうために追加の輸入が必要とみている。昨徵信社年度も1万3千トンを輸入でまかなった。 酪農家の廃業などで生乳(しぼったままの牛乳)生産量は1996年度の865万ト徵信社ンをピークに昨年度は733万トンまで減った。牛乳を優先的につくるため、バターなどの加工に回す生乳が不足する傾向がある。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道