<タトゥー>消したい? 医師免許なしの格安店トラブル続発

「やばい仕事と分かっているが、『病院で消す金がない』と頼んでくる若い客がいる限り、やめられない」 大阪府内の6畳ほどのワンルームマンションの一室で、医師免許を持たない30代の男性は入れ墨除去店の営業を続けて徵信社いる。 繁華街の一角に店を開いたのは2010年春。友人から「もうかりそうな商売がある」と聞き、興味を持った。国が医療機器として認めていない機種のレーザー照射器をインターネットで見つけ、約170万円で買った。徵信社 店のホームページを開設すると、客足は伸びた。費用は1回平均2万円。人気歌手グループのメンバーや有名ファッションモデルのまねをしたという20~30代の女性たちが多く来店した。「結婚式でウエディングドレスを着た徵信社い」「出産したら子どもとプールに入りたい」と除去を望んだ。「警察学校に入る前に消したい」という男性もいた。 美容外科で500万円はかかると言われた客も、4年かけて50万円で除去した。昨夏までは月100万円の徵信社り上げを記録したこともあったが、大阪府内で違法店の摘発が続くと客足は遠のいた。 「次は俺が逮捕されるかもしれない」。店の場所を移し、ホームページから電話番号や住所を消した。今は無料通信アプリ「LINE(ライ徵信社ン)」で客と連絡を取り、警察に被害届を出さないと誓った客だけ施術をしている。 また、関西地方の30代の女性は未承認の照射器を業者から買い、数年前まで店を経営した。20代の頃、左上腕に入れたチョウのタトゥーを徵信社分で消した。 機器の購入先の業者が大阪府警に摘発され、自分にも捜査が及ぶことを恐れて店をたたんだ。「私は出産を機に母からタトゥーを消してほしいと頼まれた。店には子育て世代の女性が多く訪れた」と語った。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道