命名権ビジネス明暗 大阪府立体育会館、名前戻る

命名権(ネーミングライツ)の契約によって「ボディメーカーコロシアム」との愛称を冠していた大阪府立体育会館(大阪市浪速区)が、4月から元の正式名称に戻っている。年間2500万円の契約料を支払っていた企業が「費用に見徵信社合う広告効果が得られない」と継続を拒否したためだ。府は契約料を1800万円に値下げして別の企業1社と交渉中だが、思わぬ「空白期間」が生まれた形で、命名権ビジネスの難しさが浮き彫りになった。 ◆「広告効果が徵信社い」 大相撲春場所の会場として使われることでも知られている大阪府立体育会館。府は歳入増加策として命名権の売却先を募集し、平成24年4月から今年3月までの3年間、スポーツブランド用品・アパレルの製造販売会社徵信社BB-SPORTS」(同府吹田市)との契約に基づき、同社のブランド名(BODYMAKER)と競技場(COLOSSEUM)にちなんだ「ボディメーカーコロシアム」の名を冠した。契約料は年間2500万円だった。徵信社 だが、同社は「あくまで『愛称変更』のため、メディアやイベント主催者は正式名称を使うことが多く、会社の知名度向上などにつながらなかった」として、府教育委員会による契約継続の打診を断った。 そこで府教委は年徵信社契約料を1800万円に値下げして再募集。今月1日から21日の募集期間中に別の企業1社が応じており、条件面などの協議が整えば、来月中にも新たな愛称でスタートを切るという。 実は、府教委が命名権値下げをするの徵信社3回目。初めて売却を検討した20年は年間5千万円で募集をかけたが、応募なし。22年に同3500万円で再チャレンジしたが再び応募がなく、24年に同2500万円まで下げて、初めて契約にこぎ着けた経緯がある。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道