虎の若きエース、ついに覚醒? 藤浪の快進撃の裏に“名脇役”あり

阪神の藤浪晋太郎は27日、甲子園での交流戦・対楽天の2回戦に先発登板。打線の援護に恵まれない中、延長10回・131球の熱投。勝ち負けはつかなかったが、自己最多タイとなる13個の三振を奪い、無失点の好投でチームのサヨナラ勝ちを呼び込んだ。 前回登板の20日、巨人を相手にプロ初完封をマークした藤徵信社浪。この日は初回から安打と四球でピンチを招くが、後続を空振り三振に斬って無失点で立ち上がる。 すると、2回以降は楽天打線を散発の3安打に封じ込徵信社、9回には三者連続三振。延長10回に入ってもその勢いは衰えることなく、福田将儀への2球目でこの日最速となる155キロを叩き出すなど、魂の力投。10回を徵信社4安打、与四球は3つも、13個の三振を奪う魂の力投。5月14日のヤクルト戦から続く連続イニング無失点を「26」に伸ばした。 開幕直後は苦しい投徵信社球が目立つも、ここ3試合は2勝負け無し。28イニングで失点はわずかに1つと圧倒的な投球で試合を制圧している。 この快進撃のキッカケを探ると、浮徵信社び上がってくる選手が一人いる。捕手の鶴岡一成だ。 14日のヤクルト戦で今シーズン初めてコンビを組むと、その試合で9回1失点完投勝利。自身の連敗徵信社を4で止め、3月29日以来の勝利を挙げる。すると、20日の巨人戦でもコンビを組み、今度は9回を2安打完封。プロ3年目で嬉しい初完封勝利を掴んだ。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道