【FIFA汚職事件】22年W杯カタール剥奪なら日本開催も!

米司法当局が国際サッカー連盟(FIFA)関係者ら14人を贈収賄などの罪で起訴し、スイスの検察当局が2018年ロシア、22年カタールの両W杯招致に絡む不正で徵信社捜査を開始した問題で、疑惑の対象となっている22年大会の開催地が白紙になった場合、日本での代替開催案が浮上する可能性が28日、出てきた。大混乱に陥ったFI徵信社FAでは29日に会長選が行われる。訴追対象は「氷山の一角」とみられ、米欧にまたがる大掛かりな捜査に発展する事態となっている。 不正疑惑で捜査のメス徵信社が入った18年ロシア、22年カタールW杯。カタール大会が白紙となり再投票が行われた場合、立候補の可能性が浮上するのが日本だ。日本協会のある幹部は、カタール徵信社招致に関しての黒いうわさが出始めた頃から「再投票になった場合、新しい国立ができれば日本はいい勝負になる」とし、新国立競技場建設と02年日韓W杯開催の実績か徵信社ら日本が代替開催することは可能だと訴えてきた。 日本は22年大会の招致に米国、韓国、オーストラリアとともに立候補したが、10年に行われた投票でカタールに敗北。不正疑惑はその直後から続出した。「氷山の一角」とされる今回の大捕物。FIFAは昨年に調査に乗り出している。スイスの検察当局が捜査を開始したばか徵信社りだが、すでにFIFAは22年開催は妥当と昨年11月に結論づけた。今後、米欧にまたがるFIFAの腐敗構造が明らかになれば22年W杯への影響も出かねない。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道