<USJ>運営会社が東証再上場申請 時価6000億円か

同社は2007年に東証マザーズに上場したが、その後、業績は低迷。09年に米金融大手ゴールドマン・サックス系の投資ファンドによる株式の公開買い付け(TOB)が成立し、上場廃止となった。グレン・ガンペル社長はこれまで徵信社、再上場を「選択肢の一つ」と説明してきた。株主であるファンド側は、上場に伴う株の売り出しで投資資金を回収するため「業績の改善がめざましく、注目度も高く、最も価値の高い時を見計らった」(アナリスト)とみられる。徵信社 USJは大阪市などが出資する第三セクターとして01年に開業。初年度は1100万人が来場したが、09、10年度は700万人台半ばまで落ち込んだ。しかし、昨年7月にオープンしたハリポタエリアのほか、日本の漫画や徵信社ゲームをテーマにした期間限定イベントが人気を集め、14年度の入場者数は1270万人を記録し、13年ぶりに過去最高を更新した。 集客はV字回復を遂げたが、投資は今後も続く。16年春には約100億円を投じて映徵信社画「ジュラシック・パーク」をテーマとする屋外ジェットコースターを新設。さらに「大阪以外でも成長したい」(ガンペル社長)として沖縄県に新たなテーマパークの建設を検討中で、カジノを軸とする統合型リゾート(IR)への参徵信社入にも意欲を示している。 りそな総合研究所の荒木秀之主席研究員は「集客の継続のためには絶えずリニューアルして新たな魅力を提供する必要があり、新テーマパークの建設にもコストがかかる。再上場で得た資金はそこに徵信社生きるだろう」と話す。 株式時価総額は6000億円以上の見通し。再上場により資金調達の手段は広がり、一層の拡大戦略が可能になる。一方で上場に伴い、これまで以上に積極的な情報開示が求められることになる。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道