シャープ退職者を狙うアイリスオーヤマの戦略とは?

先月14日、国内で3500人規模の希望退職を実施すると発表したシャープ。その退職者を、生活用品メーカーのアイリスオーヤマ(本社・仙台市)が虎視眈々と狙っている。同社はシャープ退職者の労働市場への流出を見越し、大阪市の家電徵信社開発拠点で来年までに最大70人の技術者を採用する計画だ。日用品大手として成長してきた同社が、シャープ退職者に熱視線を送るのはなぜなのか。シャープ退職者を狙うアイリスオーヤマの戦略とは?[写真]「この機をとらえ徵信社たい」と話す大山繁生常務取締役研究開発本部長 「この機をとらえたい」。取材に応じた同社の大山繁生常務取締役研究開発本部長(62)が、穏やかながらはっきりとした口調で述べる。同社は昨年、大阪市中央区に9階建てビル1徵信社棟を取得し、関西での家電開発拠点「大阪R&Dセンター」を拡充した。「ハコはできている。優秀な人材を入れたい」と、来年中に同センターの技術者を現在の約30人から100人まで増やす計画を描く。 プラスチック製品などの徵信社日用品製造で知られる同社は、2009年に家電に参入。後発ながらこの5年で、家電部門の売り上げを約4倍の421億円に伸ばした。実はその成長の立役者となっているのは、パナソニック、シャープ、三洋電機などの大手メーカーを退職し徵信社た主に50~60代のベテラン技術者たちだ。同社はシャープ(大阪市阿倍野区)とパナソニック(大阪府門真市)が大規模リストラを行った2012年に大阪市に開発拠点を開設し、40~50人の退職者を採用。現在「大阪R&Dセンター」徵信社の約30人の技術者の大半を、大手家電メーカー出身者が占めている。空気清浄機など生活に身近な軽家電の開発に力を入れており、空調家電で高い技術とノウハウを持つシャープの優秀な技術者は、喉から手が出るほど欲しい人材だ。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道