【安田記念】レース展望

ダービーの余韻が覚めない今週も、東京競馬場でGI安田記念(7日、芝1600メートル)が行われる。一昨年はロードカナロア、昨年はジャスタウェイと、ここ2年は海外でも結果を出してきた1番人徵信社気馬が優勝した。しかし、過去10年で馬単万馬券が6本も出ているように、10番人気以下の伏兵が4頭連対するなど、荒れるGIでもある。今年も多士済々のメンバーがそろっており、馬券的にも注目徵信社したい一戦だ。 ドゥラメンテで皐月賞&ダービーの2冠を達成した美浦・堀宣行厩舎は、3連勝中の上がり馬モーリス(牡4歳)を送り出す。転厩初戦となった今年1月の若潮賞(1000万下徵信社)を楽勝すると、1600万下のスピカSも快勝。オープン昇級戦の前走・GIIIダービー卿チャレンジTではスタートで後手に回ったが、上がり3ハロン33秒0の豪脚で大外から突き抜け、2着クラ徵信社リティシチーに3馬身半差をつけて重賞初制覇を飾った。今回は斤量が3キロ増えて58キロになり、実績のない東京コース。メンバーも一気に強化されるが、勢いは本物だ。4連勝での戴冠も十分。今回徵信社は久々に川田将雅騎手とのコンビで臨む。 僚馬リアルインパクト(牡7歳)は、7歳になった今年もますます元気だ。豪州遠征では、GIジョージライダーSで2011年安田記念に次ぐ、GI徵信社2勝目をマーク。続く豪GIドンカスターマイルでも2着と力を示した。帰国後も順調で、実力馬の底力は軽視できない。ダービーに続いて、堀厩舎が2頭とも上位に食い込む可能性は十分にある。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道