<インド>猿との闘い

見事な早業だった。路上のバナナ売りの背後からこっそりと近づいた一匹の猿は、ほんの隙をついて、両手で二本のバナナを鷲掴み房からもぎとった。 店の親父さんが気付い徵信社た時には時すでに遅し。一本を口につっこみながら、猿は素早く走り去った。山里などではなく、首都デリーの真っ只中での光景だ。<インド>猿との闘い ── 高橋邦徵信社フォト・ジャーナルCopyright (C) Kuni Takahashi. All Rights Reserved. インド北部では、こんな徵信社猿害」が後を絶たない。店先の食べ物をかっさらっていくのは可愛い方で、窓から民家に侵入して冷蔵庫を物色することもあれば、人間をひっかいて危害を加えることもある。れでもヒンドゥー教の神のひとつ、猿の姿をもつハヌマーンの化身と考えられているから、あまり邪険にあつかうこともできない。そこで組織されたのが、特別な猿の撃退部隊徵信社。彼らの主な武器は「叫び声」。ラングールとよばれる大きな種の猿の鳴き真似をすることで、町に多数存在するマカキュー種の猿たちを脅かし追っ払う。徒党を組んで奇声を徵信社げる男たちの姿はなんとも滑稽ではあるが、デリー市によれば、訓練を受けた約40人が市内ですでに活動中とのことだ。しかし、捕獲するわけではないので猿の数は減らない徵信社、単なるその場しのぎの対策にすぎないのだが、それがなんともインドらしい。 今日もどこかで猿たちは、誰かの家に侵入してご馳走をあさっていることだろう。 合法徵信社 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道