<大阪桐蔭裏金>

大阪桐蔭中学・高校(大阪府大東市)が模試受験料の剰余金などを「裏金」にして不正流用した問題で、同校を運営する学校法人・大阪産業徵信社大が保護者らに返還する総額が、1億円を超す見込みであることが法人関係者への取材で分かった。法人は返還によって生じる多額の損失に徵信社ついても、背任容疑で前校長と前事務長を大阪地検に告訴する。 文部科学省と大阪府にこの方針を伝えた。法人は既に、「裏金」徵信社ら▽前校長と前校長の娘の個人口座に計1710万円を送金▽百貨店で1点50万円を超す高級ブランド品など約10点(計1032万円)徵信社を購入--したとして、2人を業務上横領と背任の容疑で告訴することを決めている。 法人は先月28日の理事会で、「裏金」と徵信社た剰余金を保護者らに返すことを決定。記録などを基に10年以上前にさかのぼって調査している。返還額はさらに増える可能性もあるとい徵信社う。 法人では返還によって、法人に多額の債務を生じさせた行為が背任容疑に当たると判断。告訴状に盛り込むことを決めた。 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道