<年金情報流出>3種類のウイルス検出

日本年金機構の加入者情報流出問題で、最初にウイルス感染が確認された5月8日から20日までの間、機構に計124通の不審なメールが送信され、少徵信社なくとも3種類の新種のウイルスが検出されていたことが関係者への取材で分かった。うち2種類はパソコンの遠隔操作を可能にするウイルスだった。徵信社 機構などによると8日、九州ブロック本部(福岡市)に届いたウイルスメールを職員が開き、パソコンがウイルスに感染した。ウイルス対策ソフ徵信社ト会社の解析では、感染すると外部に接続してファイルをダウンロードするタイプだった。 機構はウイルスを駆除するソフトを導入して全職員徵信社に配布したが、18日には異なる型のウイルスが入った100通以上のメールが送信された。ウイルスはパソコンのシステムに攻撃者からの命令を受ける徵信社「裏口」を作り、遠隔操作を可能にするバックドア型と判明した。 また、19、20両日もウイルスメールが届いた。20日のウイルスもバッ徵信社クドア型とみられるが、18日とは異なる種類だったという。19日のメールは職員が削除したため、ウイルスの検体は入手できていない。 機徵信社構は23日に機構本部のパソコン19台が大量に情報発信しているのを確認しており、遠隔操作されたことによって加入者情報が流出したとみている。 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道