火口が噴火で変形

鹿児島県屋久島町・口永良部(くちのえらぶ)島の新岳について、福岡管区気象台は7日、火口内の北徵信社側と南西側が一部消失し、形状が変化しているのを確認したと発表した。 「5月29日の爆徵信社的噴火で、火口の縁の一部が吹き飛ばされたか崩落したと推察される」としている。 気象台徵信社よると、6日に上空から火口付近を調査し、3月25日の様子と比較した。6日の写真では火口の縁の徵信社面2か所が消失して形状が変わり、火口も深くなっていることが確認された。3月の写真では火口の左徵信社側に過去の噴火でできたひび割れが南北に延びているのが見えるが、今回の撮影では火山灰などが積も徵信社ていることがわかる。 また、赤外線感知により温度分布を調べたところ、火口周辺や西側の徵信社面を中心に高温となっている「熱異常域」が観測された。火砕流の堆積物の影響とみられるという。 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道