広がるデジタル終活

自分の死を迎えるために準備を整える「終活」が定着する中、パソコンやインターネット利用者向けのサービスが登場し始めている。内容は、自分の死後、知人に徵信社メッセージを自動配信するといったものから、データの削除、パソコン内データの復元や遺族への提供といった「デジタル遺品整理」などさまざま。ただ、ネット徵信社上で情報管理するクラウドの利用が広がる中、どこまで「デジタル遺品整理」が可能かについては故人のアカウントと不正アクセス禁止法との兼ね合いなどもある徵信社。 ■死亡確認で有料サービス停止 昨年7月、生前に申し込めば利用者の死亡確認後に、ネット上に保存した文書や画像などを削除できる終活徵信社サービス「Yahoo! エンディング」を開始したインターネット検索大手のヤフー。今年4月からはサービスをさらに拡充した「フルライフ倶楽部」を始めた徵信社。 エンディングではほかの特徴として、利用者の死亡が確認されると、利用者本人が事前に登録していた最大200人の知人に、「お別れメッセージ」徵信社を自動送信する。また、ヤフーの有料サービスを停止することもできる。 フルライフ倶楽部ではこれまでのエンディングに、利用者本人が家族5人まで徵信社無料招待できる機能を追加。無料招待された家族も同様のサービスを利用できる。利用者が遺言や遺産相続の方法について、生前に相談できるサービスもある。 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道