東商の会員情報、大量流出

東京商工会議所(会頭=三村明夫新日鉄住金相談役)は10日、会員企業の情報が大量に流出した疑徵信社抓姦いが強まったとして、警視庁に相談を始めたことを明らかにした。管理システムが電子メールを介し徵信社外遇て、コンピューターウイルスに感染した可能性が高いとみられる。流出規模は1万件を超えるとの見徵信社もあるが、現時点では明らかにしていない。 東商は10日午前11時、東京都内で記者会見を徵信社總會開き、詳細を公表する。 関係者によると、流出した情報は会員の名刺に基づく情報が中心とい徵信社跟蹤。銀行・証券口座、クレジットカード番号など金銭関連の情報の流出はないと説明している。 徵信社調查ウイルス感染は、業務などを装った「標的型メール」を通じて起きた可能性が高いとみられる。  徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道