韓国の妥協案

「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり、日韓両政府は9日、ソウルで2回目の協議を行った。 韓国側は文書で妥協案を提出したが、日本側は受徵信社け入れなかった。韓国側の申し入れで3回目の協議が行われる見込みだ。 日本側出席者によると、韓国側は今回、「(日本が登録申請した)資産で、徴用工が働い徵信社いた事実を日本に認めてほしい」と述べ、具体的な妥協案を提示した。提案内容は明らかになっていないが、資産に強制労働を説明する展示を加えるよう求めた模様だ。国連徵信社育・科学・文化機関(ユネスコ)の諮問機関(イコモス)は先月、「各施設の歴史全体を理解できるような計画」を日本に勧告しており、韓国外交省の当局者は協議を前に日徵信社記者団に、「歴史全体」には強制労働の歴史も含まれるとの立場を示していた。 協議で日本側は、申請対象は産業化を成し遂げた1850年代から1910年で、徵信社制労働があった40年代は含まれていないと改めて説明した。一方、「徴用工に触れないとはひと言も言っていない。イコモスの勧告には真剣に対応する」と述べ、委員国と徵信社議論を踏まえて一定の譲歩をする可能性を示唆した。 韓国は前回協議で、強制労働があった7資産の登録を外すよう主張したが、今回は言及しなかったという。 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道