改宗強要し女性売買

イスラム過激派組織「イスラム国」に拉致されたイラクの少数派、ヤジーディ教徒の女性が、クルド自治区に生還する例が増えている。 人身売買の拡大とともに買徵信社い戻されたり、逃亡の機会が増えたりしている模様だ。複数の女性が体験を語った。 「お前は俺のモノだ。イスラム教に改宗しろ。いやなら戦闘員の基地に送る」徵信社 「ハウラ」と名乗った女性(23)は、監禁されていたイラク北部モスルで昨年9月、「イスラム国」の戦闘員から告げられた言葉を再現した。基地では激しい性徵信社力が待っている。ハウラさんは、恐怖と絶望のうちに改宗を選んだ。 「イスラム国」が北部センジャールにあるハウラさんの村を襲ったのは昨年8月3日。戦闘員徵信社たちは村人を男女別に分け、女性や少女をモスルに連行した。 拘束場所には、女性ら約1000人が各地から集められていた。ある時、幹部戦闘員が「美人を上位徵信社200人選べ」と部下に指示し、大型バス3台に乗せて連れ去った。残されたハウラさんらは、5~20人ほどのグループに分けられ、各戦闘員の自宅に送られた。徵信社ハウラさんら7人は、ある戦闘員の自宅で連日、性暴力を受ける。9月、別の幹部戦闘員がハウラさんを1000ドルで買い取り、結婚を強要した。幹部戦闘員の元々の妻は徵信社、嫉妬からかハウラさんに暴行を加える。ハウラさんは「それなら逃がして」と妻を説得。電話を借り、タクシー代も出させて、今年3月、モスルの親戚宅に逃げ帰った。 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道