<化学療法学会>

日本化学療法学会(事務局・東京)が、今月4~6日に東京都内で開いた学会総会で、薬剤の使用法などに批判的な著書がある会員の医師の出版物を会場で販売禁止にしていたことが、関係者への取材で分か徵信社った。医師は「言論の自由を侵害する不当な圧力だ」と批判し、学会側は事実関係を調査している。 出版物を排除されたのは岩田健太郎・神戸大教授。感染症治療が専門で「99.9%が誤用の抗徵信社生物質」「絶対に、医者に殺されない47の心得」など多数の著作がある。 運営や販売に関わった関係者によると、学会総会の会場になった都内のホテルには、医学関連の書籍を販売する書店のブ徵信社スが設けられ、会員の著書も並んだ。しかし学会側は、事務運営を担った業者に「岩田教授の著書は一切、展示販売しないこと」を出版社や書店が守るよう指示、従わない場合は参加させないと伝えた。その徵信社結果、岩田教授の著書は除かれ、別の著書の本に寄せた岩田教授の帯文も外されていたという。 岩田教授は「製薬企業と関連の深い医師による不適切な抗生物質などの使い方を批判してきたことが徵信社除の理由かもしれない。言論の自由は学問の進歩のために保障されるべき最低条件。このような圧力は初めてだ」と批判する。 同学会は抗がん剤などの化学薬品や抗生物質を使った治療法の発展と徵信社普及を目的にした公益社団法人で、会員は約7000人。学会総会会長の二木芳人・昭和大教授は取材に「特定の著書の販売を禁止したのは好ましいことではなかった。調査中で今は話せない」と答えた。 徵信社推薦 徵信社尋人 徵信社工作 徵信社價格 徵信社申訴管道