通水管|<視覚障害者>乗車時

視覚障害者が8、10月に駅ホームから転落死する事通馬桶故が相次いだことを受け、国土交通省は全国の鉄道会通馬桶社に対し、原則として視覚障害者の乗車を駅員が介助通馬桶るように求める方針を固めた。従来は各社の裁量に任新店通水管されていたが、駅員が介助を申し出るよう徹底を図る通馬桶ことで、ソフト面での安全対策を進める。 通水管れまでは、駅を利用する視覚障害者を見かけた場合、通水管駅員が必要に応じて声をかけ、介助を提案するという通水管道会社が多かったが、どんな場合に声をかけるのかを中和通水管定めた統一の指針はなく、実際に介助するかも現場の板橋通水管判断に委ねられていた。声をかけてもらった経験がな通馬桶、駅員が介助してくれることを知らない視覚障害者も永和通水管いるとみられる。 このため、国交省は、駅士林通水管員が改札やホームで視覚障害者を見かけた場合、原則通水管して声をかけて介助を提案するよう求める。視覚障害通水管者が希望すれば、駅員が寄り添ってホームの乗り場ま通馬桶案内し、乗車行為もサポートする。視覚障害者を驚か通水管せたりすることがないように、どのような声かけをす通馬桶るかを含めて共通の指針を作成し、各社の規則に明記南港通水管てもらう考えだ。 駅の利用に慣れていて介通水管助を必要としない視覚障害者については、本人の意思通馬桶を尊重し見守る程度にとどめる。人手が足りない場合通水管、駅員の業務に区切りがついて対応できるようになる北投通水管まで視覚障害者に待機してもらうことも検討する。