通水管|「山・鉾・屋台」登録決定

エチオピアの首都アディスアベバで開かれている国連教育科通水管学文化機関(ユネスコ)の政府間委員会は30日(日本時間士林通水管1日未明)、日本が無形文化遺産に提案していた「山・鉾・通馬桶屋台行事」の登録を決定した。 日本の登録は20通水管4年の「和紙」以来2年ぶりで、国内の無形文化遺産は計2通水管1件となる。 山・鉾・屋台行事は「八戸三社大祭南港通水管の山車行事」(青森)や「博多祇園山笠行事」(福岡)など板橋通水管域の安泰や厄よけを願う全国18府県の祭礼行事計33件で中和通水管構成。迎えた神をにぎやかし、慰撫するため、木工や漆塗り通馬桶、染め物といった伝統工芸で華やかに飾り付けた山車などの通馬桶造形物が街を巡るのが特徴だ。いずれも国の重要無形民俗文通水管財に指定されている。 11年に審査された「秩父通馬桶祭の屋台行事と神楽」(埼玉)と「高山祭の屋台行事」(岐通水管阜)が、登録済みだった「京都祇園祭の山鉾行事」(京都)通馬桶「日立風流物」(茨城)との類似性を指摘されて登録が見送通馬桶られたため、政府はこの4件と、共通の特徴を持つ他の祭り新店通水管29件を包括し1件として提案していた。 このた通馬桶め、京都祇園祭と日立風流物の2件を含め22件あった国内北投通水管無形文化遺産は1件減る。 政府間委員会は決議文通水管で、33件の祭りが「伝承者や実践者である地域住民にアイ通水管デンティティーや芸術的創造性を与える」と評価。芸術的多通馬桶性と創造性の例であるとし、無形文化遺産の基準を満たすと永和通水管結論付けた。 事前審査をしたユネスコの評価機関通水管は10月、政府間委員会に登録するよう勧告していた。