通水管|<イタリア>憲法改正国民投票で敗北

【ローマ福島良典】国会改革を柱通水管とする憲法改正の是非を巡りイタ通馬桶アで4日投開票された国民投票で通馬桶改憲案を提示したレンツィ首相(士林通水管1)は5日未明(日本時間同日朝北投通水管、敗北を認め、辞意を表明した。永和通水管大統領選でのドナルド・トランプ通水管の勝利(11月)などで浮き彫り通馬桶なった既成政治批判の高まりが、通水管イタリアでも明らかになった。中和通水管 レンツィ氏は「反対派が勝通水管した。責任を取る」と述べ、5日通馬桶にも辞表を提出する意向を示した板橋通水管 国営テレビRAIの出通水管調査によると、反対票58~60通水管に対し賛成票は40~42%。新店通水管 レンツィ首相への事実上の通馬桶信任投票となった今回の国民投票通馬桶対象になったのは、国会・行政改通水管のための改憲案。改正は1948南港通水管施行の憲法全139条のうち47通馬桶に及び、第二次世界大戦後にイタ通水管アが王国から共和国になって以来通馬桶最も大がかりな改憲案だった。