通水管|特別検察官が態勢整備着手

【ソウル=井上宗典】韓国の朴槿恵(通水管パククネ)大統領の友人女性の国政介新店通水管事件について、政府から独立して捜査通馬桶る朴英洙(パクヨンス)特別検察官(通水管元ソウル高検検事長)が捜査チームの永和通水管勢整備に着手した。 特別検通水管官は今月中旬にも捜査を始める方針で通馬桶、大統領の関与をどこまで立証できる通水管が焦点だ。 朴特別検察官は通水管日、記者団に「(捜査チームの)組織士林通水管が準備できれば捜査の方向を決める」通馬桶述べた。今週中に捜査を補佐する検事北投通水管の派遣を受けて、最大105人態勢の中和通水管捜査チームが発足する。来年3月下旬南港通水管までに捜査を終え、関係者の起訴につ板橋通水管て判断する。 特別検察官の通馬桶捜査対象は15項目。特に焦点となっ通水管いるのが朴大統領の友人崔順実(チェ通馬桶ンシル)被告が私物化したとされる財通水管団に大企業が巨額出資した経緯をめぐ通馬桶、朴大統領に「第三者供賄罪」を適用通馬桶きるかどうかだ。同罪は公務員が職務通水管に関して不正な依頼を受け、第三者へ通馬桶賄賂を供与させた際に適用される。