通水管|小2の一人娘残して…犠牲の夫婦

一人娘をかわいがる仲良し夫婦と、車いすを操って快活に行動して通水管いた男性。知人同士の3人は、見舞客と患者として会う中で、惨劇通馬桶に巻き込まれた。「気の毒すぎる」「悔やみきれない」。原三信病北投通水管(福岡市博多区)にタクシーが突っ込んだ事故から一夜明けた4日通水管、3人を知る人たちは、涙ながらに人柄をしのんだ。【写通馬桶真】ひつぎを乗せ病院を出る車。関係者らが見送った タ通馬桶シーは3日午後5時ごろ、病院の東館1階のラウンジに突っ込んだ永和通水管。そのラウンジの前に4日朝に設けられた献花台には、日が暮れて通馬桶からも花を手向けに訪れる人が絶えなかった。 亡くなっ通水管花田盛幸さん(44)、美佐代さん(44)夫妻は、小学2年生の通馬桶娘を連れて仲むつまじく外出する姿がしばしば見かけられていた。新店通水管 近所の住人らによると、盛幸さんは数年前に病気を患っ通水管入院し、退院後は自宅で娘の世話や家庭の仕事に専念。美佐代さん板橋通水管が会社勤めをしていたという。 娘同士が同級生という母通水管親(38)は、近所のスーパーなどで花田さん一家とたびたび会っ通水管。「仲が良さそうで、元気にあいさつしてきてくれた姿を覚えてい通馬桶る。こんなことになって残念」と涙を浮かべた。夫妻と同じマンシ通馬桶ョンに住む看護師の女性(48)は、盛幸さんが高齢者のごみ出し通水管手伝う姿を見たことがあった。「夫婦とも温厚で、よく3人そろっ士林通水管て出かけていた」と振り返る。 美佐代さんが勤務してい通馬桶た医薬品メーカーで同僚だった男性(48)は4日夕、病院に献花通水管訪れ、「仕事ぶりはとても真面目で、優秀だった」と悔やんだ。仕南港通水管事仲間からの連絡で事故を知ったという。「明るくて非常にはきは中和通水管きしたムードメーカー的な存在。亡くなったのが信じられない」