通水管|<日露・共同経済活動>北方領土に特区案

◇合弁企業設立、「ビザなし交流」の対象者拡大も 今月士林通水管15、16日の日露首脳会談で主要議題となる北方領土での共同経北投通水管済活動について、両国政府が昨秋から協議を続けてきたことが4日通水管、分かった。複数の日露外交筋によると、経済特区設置や合弁企業板橋通水管設立、日本国民が査証なしで北方四島を訪れる「ビザなし交流」の通馬桶対象者拡大などの案が話し合われているという。ただ、日本側は主通馬桶が侵害されないことが前提と要求し、司法管轄権などを巡る立場の通馬桶隔たりが大きいことから両国間の話し合いは難航。首脳会談では最通水管終合意には至らず、「大筋合意」を目指すとみられる。【通水管写真特集】赤外線カメラで撮影した北方領土 外交筋によ通馬桶ると、昨年10月の日露次官級協議で、ロシア側は、領土問題を含南港通水管む平和条約交渉を本格討議するのに先立ち、共同経済活動の開始を通馬桶論すべきだと主張。日本政府も領土問題の進展だけに固執せずに、通馬桶ロシアとの包括的な関係拡大を進めることを重視し、安倍晋三首相通水管が今年5月にロシア南部ソチでプーチン露大統領と会談した際、共通水管同経済活動を前向きに検討する考えを伝えたという。 首通水管脳間の認識一致を受けて、日露外交当局は6、8月に次官級協議を永和通水管開き、議論を本格化。ロシア側は北方四島に経済特区を設け、日露通馬桶関係者が合弁企業に出向して経済活動を行う案などを提示した。旧通馬桶島民や学術関係者らに限定されている「ビザなし交流」対象者をビ通水管ジネス関係者に広げる案も検討されているという。 一方中和通水管、事件・事故が起きた際の司法当局の管轄権について、日本側は自通水管国民がロシア当局から取り調べを受けた場合、北方四島の主権を主新店通水管張する日本の法的立場が害されるとして、例外措置を要求。訪露