通水管|本田「お疲れさまです」試合後に笑み

本田「お疲れさまです」試合後に笑み、監督も評価通馬桶クロトーネ戦でチームメイトに指示を出す本田圭佑(撮影・PN新店通水管P)<セリエA:ACミラン2-1クロトーネ>◇4日北投通水管◇ミラノ 本田圭佑(30)が後半36分、FWニアン通水管に代わり、10月25日のジェノア戦以来、40日ぶりにピッチ永和通水管に立った。本来のプレーエリアとは逆の左サイドでのプレーとな通水管ったが、後半41分には左サイドからFKを蹴り、FWラパドゥ通馬桶ーラの勝ち越し弾を演出した。【写真】久々の出場で決通馬桶勝ゴール演出した本田 試合終了後、本田はフル出場し板橋通水管たDFパレッタやスタッフにあいさつしてからロッカールームに通水管入って行った。ミックスゾーンに出てくると「お疲れさまです」中和通水管とだけ言ったが、笑顔で取材陣の前を通り過ぎた。 本通馬桶田のプレーを、ビンチェンツォ・モンテッラ監督は「とても気に通馬桶入った」と高く評価した。前日3日の記者会見で「本田は私が選士林通水管手と監督のキャリアを通して見てきた中で5本の指に入るほどの通水管プロだ」と評したことを踏まえ、同監督は試合後、本田について通水管語った。 「昨日、言っていたように、本田はプロ精神通水管を持った選手だ。今日は通常の右ではなく左サイドでプレーした南港通水管が、彼のプレーはとても気に入った」 モンテッラ監督通馬桶は前日会見で、本田に変わって右サイドで先発しているスソの方通馬桶が戦術に合っているとした。その上で「もちろん本田は他のポジ通水管ションでもプレーできるが、今のシステムではそうはいかない」通水管とコメントしていたが、早速、他のポジションで本田を試し、結通馬桶果を出したことを評価したようだ。(波平千種通信員)