通水管|介護殺人や心中、全国で179件

高齢者介護を巡る家族間の殺人通水管や心中などの事件が2013年南港通水管以降、全国で少なくとも179通馬桶発生し、189人が死亡してい通水管たことが読売新聞の調査で明ら士林通水管になった。 ほぼ1週通水管間に1件のペースで発生してお通馬桶り、70歳以上の夫婦間で事件通水管起きたケースが4割を占めた。通馬桶介護が必要な人が10年前の1通馬桶5倍の600万人超に上る中、永和通水管高齢の夫婦が「老老介護」の末通水管悲劇に至る例が多いことが浮き板橋通水管彫りになった。 読売中和通水管新聞は、13年1月から今年8通馬桶までの3年8か月間に発生し、新店通水管介護を受けている60歳以上が通馬桶害者、その家族が加害者となっ通水管た殺人(未遂含む)や心中、傷通水管害致死などの事件を対象に調査通馬桶警察発表や裁判資料のほか、湯北投通水管原悦子・日本福祉大准教授(司通馬桶福祉論)の研究資料などから事通水管例を収集し、分析した。