通水管|<首相、真珠湾へ>「戦争ない世界作って」

安倍晋三首相が日米開戦の発端となった地の米ハワイ・真珠湾を訪問してオバ通馬桶マ米大統領とともに犠牲者を慰霊することを表明した5日、オバマ大統領の訪新店通水管問を5月に受けた被爆地・広島では、戦争のない世界の構築につながることを通水管る声が上がった。【山田尚弘、竹内麻子】 オバマ大統領の広島訪問通馬桶は、現職の米大統領として初めての行動だった。原爆慰霊碑の前で握手を交わ通水管し、「心は通じたと思う」と語った坪井直(すなお)・広島県原爆被害者団体通水管議会(広島県被団協)理事長(91)は、「太平洋戦争の始まりは真珠湾攻撃通水管からだった。戦争で失われた人の命を弔うのに国は関係ない。戦争をなくすと通馬桶う思いこそが重要だ。誠意をつくして訪問してほしい」と望んだ。 士林通水管坪井さんは1997年に真珠湾を訪れ、戦艦アリゾナ号が沈む海に献花した。通馬桶「米国を憎むはずの被爆者が訪ねてきたというので、ハワイの人たちは私を歓通水管してくれた」と振り返る。それだけに「戦後71年たっての訪問はあまりにも板橋通水管遅すぎる」とも指摘した。 一方、広島県被団協の箕牧(みまき)智通水管之副理事長(74)は「久しぶりにいいニュース。真珠湾攻撃から75年の今通水管こそ(日本の首相が)行くべきだと思っていた。安倍首相には、日本から始め中和通水管た戦争であることを心して訪問し、『戦争は絶対にいけない』と感じとって」通馬桶話した。 被爆死した米兵捕虜を調査し、広島でオバマ大統領と抱擁通水管を交わした森重昭さん(79)は「ワンダフル。すばらしいの一言だ」と首相北投通水管の決断を評価した。 今夏の終戦記念日に広島市であった平和イベン通馬桶で「日本の政治家にも真珠湾を訪れてほしい」と述べた広島県立広島高2年、通馬桶井上つぐみさん(16)は「オバマ大統領の姿勢が日本に伝わったのだと思う南港通水管」と喜んだ。 井上さんは8月初旬、初めて真珠湾を訪問し、真珠湾通馬桶撃を見たという男性から話を聞き、当事者の恐怖を生々しく感じ取ったという永和通水管。「安倍首相も未来志向で平和に向けた話をしてほしい」と期待している。