通水管|日米和解、未来志向でアピール

 安倍晋三首相はオバマ米大統領とともに行う真珠湾訪問で、日米南港通水管和解を内外にアピールし、戦後に区切りを付けたい考えだ。通水管 オバマ氏による5月の広島訪問と併せ、日米の指導者が未来志向永和通水管平和を誓う舞台として周到に準備を進めてきた。来年1月のトラン板橋通水管プ次期政権への交代を前に、日米同盟の意義を再確認する狙いもあ通水管。 「この4年間を総括する場をつくろう」。首相は11通馬桶中旬のペルー・リマで行ったオバマ氏との短時間の立ち話で、こう通馬桶呼び掛け、ハワイでの首脳会談を提案。オバマ氏は快諾した。士林通水管 関係者によると、オバマ氏は5月に来日して首相と会談した際通馬桶真珠湾攻撃のあった12月8日の訪問を打診した。しかし、日本側通水管は「謝罪色が強くなりすぎる恐れがある」(政府関係者)との理由通馬桶、同月下旬にずらせた。 オバマ氏の被爆地・広島訪問で新店通水管、日本は原爆投下への「謝罪」を求めず、未来志向を演出すること北投通水管に心を砕いた。これと同様に、首相は自身の真珠湾訪問でも未来志中和通水管を重視した。 首相は昨年4月の訪米時に議会で演説し、通水管珠湾や太平洋戦争の激戦地に触れながら、「悔悟」の気持ちを表明通水管。同年8月に発表した戦後70年談話でも「私たちの子や孫に、謝通馬桶を続ける宿命を背負わせてはならない」と、戦後に終止符を打つ必通水管性を強調していた。 首相はその当時からハワイ訪問の構通水管想を温めてきた。首相は5日夜、「真珠湾を訪問する意義、象徴性通馬桶和解の重要性について発信したいとずっと考えてきた」と記者団に通馬桶かした。 一方、トランプ次期大統領は選挙戦で、在日米通水管軍駐留経費を日本が全額負担しない場合の米軍撤退や日本の核武装通馬桶言及したことから、日米同盟の先行きを不安視する向きもある。