通水管|残業規制「支障なし」45%…読売アンケート

政府が働き方改革の一環で検通水管討している残業時間の上限規新店通水管について、主要企業の47%通水管業務への支障を懸念する一方通水管、支障がないと考える企業も通水管5%と意見が拮抗(きっこう北投通水管していることが、読売新聞の通水管アンケートでわかった。通水管 調査は、政府が9月に働通馬桶方改革実現会議(議長・安倍通馬桶相)を設置したことを受け、通馬桶10~11月に実施。180中和通水管のうち143社(79%)が通馬桶答した。 現行法で板橋通水管は、労使協定を結べば事実上通馬桶無制限に残業ができるため、士林通水管府は上限を設けたい意向だ。通馬桶限規制で「業務に支障が出る永和通水管可能性があるか」との問いに通馬桶「どちらかと言えばそう思う南港通水管が36%、「そう思う」が1通馬桶1%、「どちらかと言えばそ通水管思わない」が28%、「そう通水管わない」が17%だった。