通水管|若狭議員 “除名”処分した自民都連を批判

7月の東京都知事選挙で小池知事を応通水管援した東京都豊島区と練馬区の区議会北投通水管員7人を、自民党の東京都連は6日、通馬桶から「除名」した。 自民党通水管方針に反して小池知事を応援した区議通馬桶人に対しては、自民党東京都連がそれ通水管れの意見を聞くために「身上書」の提板橋通水管出を求めていた。しかし、区議側が提通馬桶を拒否したことなどから自民党都連は通水管部が協議し、党から「除名」した。通馬桶 これに対して区議と共に小池知通水管を応援した自民党の若狭衆議院議員は士林通水管区議への「除名処分」は厳しすぎると南港通水管して自民党都連を批判した。通水管若狭勝議員「今回の(区議の)除名処永和通水管というのは私の取り扱いと大きく隔た通馬桶ており、問題がある処分だと思ってい通馬桶す」 ただ、処分に抗議して通馬桶民党を離党するかどうかについては明通水管言を避けていて、当面は自民党にとど中和通水管る意向とみられる。 東京都通馬桶小池知事は区議に対する処分見直しを新店通水管めてきたが、今回の処分を受けて自民通水管との対立が再燃する可能性もある。