通水管|逆転有罪判決の美濃加茂市長

 

 

受託収賄罪などに問われ、名古屋高裁で通馬桶逆転有罪判決を言い渡された岐阜県美濃通水管加茂市の藤井浩人市長(32)=上告中通水管=が、月内にも市長を辞職し、出直し市通馬桶選に立候補する意向を固めた。藤井市長通馬桶は朝日新聞の取材に「不当な判決と闘い北投通水管ながら市長職を続けることに市民の信任新店通水管をいただきたい」と理由を語った。通水管 藤井市長は7日の市議会全員協議会通馬桶で自身の考えを説明した後、一般質問に南港通水管答える形で正式に表明する見通し。辞職通水管の時期は未定だが、19日までの市議会通水管日程をにらみ、「迷惑をかけないように通水管」(藤井氏)するという。公職選挙法で永和通水管辞職から50日以内とされる市長選は「通馬桶1月中」(同)としており、来年1月2通水管日投開票の岐阜県知事選と同日を軸に調士林通水管整する。 この出直し市長選で通馬桶藤井市長が当選すれば、公選法の規定で通馬桶任期は現行と同じ6月1日までとなり、通馬桶月には再び任期満了に伴う市長選が実施通水管される。また仮に、藤井市長の有罪が確板橋通水管定した場合、市長を失職し、執行猶予の中和通水管期間中は選挙に立候補できなくなる。