通水管|陽岱鋼も巨人決定的!オリに断り

 日本ハムからFA宣言した陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)外野手(29通馬桶)の巨人入りが6日、決定的となった。糸井嘉男外野手(35)のF通馬桶宣言にともない獲得の意思を表明していたオリックスに同日、代理人通水管通じて断りを入れた。楽天の交渉も難航しており、今月に入ってから永和通水管奪戦に緊急参戦した巨人が3年総額10億円以上の条件で大逆転。山通水管俊、森福に続く、初のFA選手「トリプル獲り」によって、今オフの通馬桶4億円超の大型補強が完成する。【写真】涙をぬぐって、会通水管をあとにする陽岱鋼 今オフ最後のFA選手の去就決定がい通水管いよ大詰めを迎えた。トレードで吉川光、FAで山口俊、森福、さら南港通水管はマギーまで獲得した巨人が、総額24億円を超える大補強のラスト通水管ースとして陽岱鋼との合意が目前となってきた。 京セラド通馬桶ム内のオリックス球団事務所に陽岱鋼の代理人からメールが届いたの通水管、この日の早朝。長村裕之本部長は「非常に難しい選択で、オリック板橋通水管スの誠意には感謝していますが、今回は他球団に行かせていただきま通水管ということでした」と内容を説明した。 オリックスはFA通馬桶言した糸井の慰留交渉と同時進行で陽岱鋼にアタック。今季打率・2通水管3、14本塁打を記録した打棒に加え、2年ぶり4度目のゴールデン通馬桶ラブ賞に輝いた中堅手を「ポスト糸井」としても期待を寄せた。糸井中和通水管阪神移籍が決まった後も「マネーゲームはしない」という方針を堅持北投通水管ながら、3、4年の複数年契約を軸に交渉を進めた。 しか通馬桶、巨人が4日に争奪戦参戦を表明すると、大きく風向きは変わった。通馬桶岱鋼の在京志向もあった。長村本部長は「複数球団が来ていることは新店通水管っていたが、そうなることも想定して、適正限度額で誠意を持って交士林通水管してきた。選手が選択したことだから仕方がない」と受け止めた。