通水管|<ASKA容疑者>「公益性」どう判断

歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者が覚醒剤を使用した疑いで逮通水管捕された事件で、複数のテレビ局が逮捕直前にタクシー車内で撮影され通馬桶たドライブレコーダーの映像を報道したことが、インターネットを中心板橋通水管に「興味本位だ」と批判された。報道機関がこのような映像をどこまで通馬桶利用できるのか議論を呼んでいる。【写真】送検のため東京湾通馬桶岸署を出るASKA容疑者(11月30日) ASKA容疑者新店通水管は先月28日夜の逮捕直前、報道陣の待ち受ける東京都内の自宅にタク通馬桶シーで帰宅した。日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビの4社士林通水管車内の映像を入手したとして翌29日に報道番組やワイドショーで放送通水管した。ドライブレコーダーは事件や事故に備え車内に設置しているもの北投通水管で、容疑者が自宅前で待つ報道関係者について「家の前にいっぱい人が通水管集まっていると思うんですけど、ギリギリに止めてください」と運転手通水管に指示する様子が映し出された。 ソーシャルネットワークな通水管どで「プライバシーの侵害」と批判が起きると、東京のタクシーグルー通馬桶プ「チェッカーキャブ」はホームページに社長名の謝罪文を掲載した。通水管同グループの事務局は加盟社による映像提供について、取材に「事故な通水管の調査以外には基本的に認めていない」と答えた。 国土交通通馬桶省は今月1日、タクシーやバスの業界団体に対して「乗客のプライバシ通馬桶ーに配慮することなく、マスコミに映像を提供する行為は誠に遺憾」だ永和通水管として、ドライブレコーダーの映像管理の徹底を求める通知を出した。通馬桶自動車局安全政策課の担当者は取材に「レコーダーには一部補助金を出中和通水管しており、安全運転の指導・教育などに活用すべきだ。報道の自由を阻通水管害する意図は全くない」と説明。石井啓一国交相も6日の閣議後の記者南港通水管会見で「報道の自由や知る権利を制限するものではない」と述べた。