通水管|一代限り、典範改正で対応も

政府が天皇陛下の退位に関し通水管、皇室典範に今の陛下に限り通馬桶認める根拠規定を置いた上で通馬桶特例法を制定する案の検討に士林通水管入ったことが分かった。北投通水管 典範改正を求める世論が通水管多いことを踏まえたものだが通水管、あくまで「一代限り」とし通馬桶恒久的な制度化には踏み込ま通水管ない。政府関係者が8日、明通馬桶かにした。 陛下が永和通水管82歳と高齢であることから通馬桶政府は詳細な制度設計に踏み通馬桶込まずに済む特例法での対応通馬桶が望ましいという基本的な考通水管は崩していない。 通水管一方、政府の有識者会議がこ通馬桶まで行った計3回の専門家へ南港通水管のヒアリングの中では、5人通水管が特例法による一代限りの退通水管に理解を示す一方、3人は「中和通水管皇位の不安定化を招く」など新店通水管理由で典範改正による恒久制板橋通水管度化を主張。意見が割れた