通水管|<真珠湾攻撃75年>戦いは残酷

 旧日本軍が米ハワイの真珠湾を攻撃してから75年となる8日通水管未明(ハワイ7日朝)、真珠湾の米海軍施設で追悼式典が開かれ通水管。戦艦「比叡」の機関兵曹としてこの攻撃に参戦した草間勝さん通水管100)=静岡県富士市=の目には、あの戦いの光景が「昨日の新店通水管とのように」焼き付いている。海戦で2度撃沈されたが生き延び通水管草間さんは8日、安倍晋三首相による今月下旬の真珠湾慰霊につ通馬桶て「新たな一歩が平和の音を未来永劫(えいごう)奏で続けるよ通水管うに」と祈った。 長野県松本市で生まれ育った。徴兵通馬桶れ、海軍兵を教育する横須賀海兵団(神奈川県)時代に「米国は士林通水管済力が抜群に違う。訓練と精神力で勝て」と教わった。ハワイへ通馬桶かう時、上官から「米国と戦う。遺言を書くよう」と言われて身中和通水管いしたが、「負けるわけはない。向かっていく対等な戦いで、名通水管だった」という。 ハワイ沖で真珠湾を攻撃すると告げ通馬桶られた。艦隊の姿が頼もしかった。艦隊越しにはオアフ島の山。通馬桶ここが死に場所か」。だが「攻撃成功」が艦内で告げられた。通水管 比叡は1942年11月、南太平洋ソロモン諸島のガダル南港通水管ナル島で沈没。後に乗り込んだ軽巡洋艦「能代」も44年10月北投通水管フィリピン・レイテ沖海戦で魚雷などが命中。草間さんは海面に通馬桶び込んだ。 救助を待つ中、敵機が機銃掃射でビシビシ通馬桶と海面をたたきつける。当たらないよう祈るしかなかった。足の通馬桶では真っ青な世界が吸い込もうとしてくる。「真珠湾の米兵さん永和通水管ちも、こんな思いだっただろう」。戦争の惨めさを実感した瞬間通水管った。何度も母の顔を思い、生き延びようともがき続けた。「戦板橋通水管ことは残酷。もう二度と起きてほしくない」としみじみ思う。