通水管|<厚木騒音訴訟>「振り出しに戻った」

静かな空への願いはまたもかなわなかった。第4次厚木基通馬桶地騒音訴訟で、1、2審がそれぞれ全国で初めて命じた自通水管隊機の飛行差し止めを覆した8日の最高裁判決。「振り出通水管しに戻ってしまった」。原告住民や全国から駆けつけた基中和通水管訴訟関係者は司法の壁の高さに落胆し、やり場のない怒り通水管を吐露した。【伊藤直孝、近松仁太郎、飯田憲】永和通水管写真で見る・厚木基地騒音訴訟】横断幕を持って裁判所に南港通水管る原告団 「逆転不当判決」「最高裁 被害救済通水管を放棄」。午後3時25分、最高裁から飛び出した弁護士北投通水管人が正門前で旗を掲げた。「最悪の結果だ」。法廷を出て通馬桶きた原告は、知らせを待つ支援者らに力なく伝えた。通馬桶 原告の一人、神奈川県大和市の村田信之さん(78)通水管傍聴席で判決を聞いた。「自衛隊機の飛行が、社会通念に通馬桶照らし著しく妥当性を欠くと認めることは困難」。理由を通馬桶きながら「どうしようもないのか」と怒りを抑えられなか新店通水管った。家は基地の北約1・3キロ、滑走路の延長線上にあ通水管。1968年に新築し、川崎市から引っ越した。73年に板橋通水管米空母艦載機が移転してくると、騒音は想像を絶した。通馬桶 米軍機が飛び立つと、エンジン音で床や壁が振動す通馬桶。米軍機の合間を縫うように自衛隊機も飛び立つ。航空機通水管の騒音を表す「うるささ指数」は90で、国の防音工事を通馬桶してもテレビや電話の声は聞こえなくなる。「米軍機の騒士林通水管音は体に響き、やっと止まったと思うと自衛隊機の音でイ通水管イラが増す。健康に影響しないかと不安を抱えてきた」