通水管|<相模原殺傷>厚労省主導に限界…最終報告

19人が犠牲になった相模原市障害者施設殺傷事件の再発をど新店通水管うすれば防げるか。厚生労働省の検討チームが8日出した答え通馬桶、措置入院患者への「継続的な支援」だった。当初、障害を持通水管当事者や家族が懸念した監視や隔離の強化は、検討チームが強通水管否定したが、精神保健福祉分野の対応に関する議論に終始した通馬桶とに「表層的だ」「国民的な議論を」といった声もある。【熊通馬桶豪、山田泰蔵】 ◇警察対応の検証欠落…再発防止板橋通水管 再発防止の議論が厚労省主導で進んだのは、安倍晋三首通馬桶の発言が端緒だった。事件直後の7月28日に開かれた関係閣通馬桶会議で首相は「厚労相を中心に検討を」と指示。この結果、精永和通水管医療のあり方や障害者施設の防犯が対策の焦点になった。南港通水管 障害者団体など当事者や家族は、障害者全体への風当たり北投通水管強まることを警戒した。2001年に大阪教育大付属池田小で通水管きた乱入殺傷事件の加害者に措置入院歴があり、障害者を危険通水管する雰囲気が広がったからだ。 この懸念は厚労省も士林通水管識し、検討チームには精神医療の現場を知る医療関係者を中心中和通水管集め「精神障害者を地域で支える取り組みは逆行させない」と通水管理念を共有した。最終報告書は冒頭で「共生社会の推進」をう通水管い、危険思想を持つというような対応が難しいグレーゾーンに通馬桶いても「他者を傷つけることを防ぐための措置は、人権保護の通水管点から極めて慎重でなければならない」と強調した。通水管だが、精神医療の専門家を中心としたメンバーによる検討は、通馬桶置入院制度という狭い範囲の議論にならざるを得なかった。多通馬桶の関係者が、「当時の警察の検証が欠落した」と指摘する。