通水管|川内1号機が運転再開=新基準停止後初

九州電力は8日夜、定期検査新店通水管で停止していた川内原発1号北投通水管(鹿児島県薩摩川内市)の原板橋通水管子炉を起動した。新規制基準永和通水管合格し再稼働した原発が定期通馬桶検査で停止後に運転を再開し通馬桶のは初めて。11日に発電を士林通水管始め、2017年1月6日に通水管査を終えて営業運転に移行す中和通水管る予定。 7月に就通水管した鹿児島県の三反園訓知事通馬桶はこれまで2回にわたり、川通馬桶原発の即時停止を要請した。南港通水管かし、九電は応じず、9月下通水管旬から原発の特別点検を実施通水管ている。その後、知事は運転通馬桶再開を事実上容認する姿勢を通馬桶している。 川内原通馬桶発では、2号機が今月16日通水管ら定期検査に入り、17年2通水管月27日に発電を再開し、3通水管24日に営業運転に移行する通馬桶計画。九電は両機とも予定通通水管の営業運転復帰を目指す。