通水管|「空自機が妨害弾発射」

【北京時事】中国国防省は10日夜、沖縄本島通馬桶と宮古島の間の宮古海峡から西太平洋に向かう通水管定例の遠洋訓練をしていた中国空軍機に対し、士林通水管本の航空自衛隊のF15戦闘機2機が接近し、通水管「妨害弾」を発射し中国側の安全を危うくした北投通水管と発表した。 同省は日本側に「重大通馬桶懸念」を伝え、抗議したとしている。南港通水管 同省の発表によると、空自機と中国機の接近中和通水管は10日午前に起きた。「妨害弾」について具通水管的に説明していないが、ミサイルを回避するた通馬桶めの火炎弾(フレア)のような防御装置とみら通水管れる。日本政府関係者によると、6月に空自機新店通水管中国軍機が接近した際も空自機はフレアを作動通水管させ、退避した。 中国国防省は、空通馬桶自機の行動について「中国機と乗員の安全を危板橋通水管くした。行為は危険であり、国際法による航行通馬桶と飛行の自由を損なうものだ」と批判。「中国永和通水管機は必要な対応措置を取り、訓練を継続した」通水管いう。 接近が起きた空域も明確では通馬桶ないが、同省は「宮古海峡は公認された国際航通馬桶路だ」と主張。中国軍は西太平洋に通じる宮古通水管峡を重視しているとみられ、9月に初めて中国通水管の戦闘機が宮古海峡から西太平洋側に飛行し、通馬桶11月にも中国軍機が同海峡を通過した。