通水管|羽生 史上初4連覇達成!

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは10日(日本時間11日)、フランス・マルセイユで行われ、男子フリーでは羽生結弦(22=通水管ANA)がフリー187・37点、総合293・90点で男女を通じて史上初となる4連覇を達成した。4勝もエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)、通水管リーナ・スルツカヤ(ロシア)、浅田真央(中京大)に並ぶ最多。【写真】GPファイナル4連覇を達成し、表彰台に飛び乗る羽生 通水管生は、冒頭の2つの4回転ジャンプは着氷したものの、NHK杯でも転倒した後半の4回転サルコーで転倒し連続ジャンプにできす。また終盤には抜け通水管て1回転になるジャンプもあり、得点を伸ばせなかった。フリーでは3位の得点に、演技後はがっくりした表情も見せていたが首位だったショートプロ通水管ラムでのリードを生かし、2位に10点以上の差をつけて逃げ切った。 宇野昌磨(18=中京大)は自己ベストの195・69点をマークし通水管総合282・51点で3位となり、2大会連続の表彰台。SPでは時差ボケのため動きにキレがなかったが、フリー前の公式練習では復調。細かいミス通水管はあったものの、演技後には笑顔も見られた。 SPでは5位と出遅れたネーサン・チェン(17=米国)は、4回転ジャンプを4本組み入れ通水管プログラムですべて着氷。自己ベストを大幅に更新する197・55点で、総合でも自己ベストの282・85点をマークし2位に食い込んだ。