通水管|豊洲市場 “水銀”は「たまり水」から気化と特定

豊洲市場の土壌汚染対策を検討する専門家会議は、地下ピットの大気から測定された通水管水銀について「たまり水」から気化したものと特定し、今後、排水するよう東京都に通水管示しました。 豊洲市場にある2つの建物の地下ピットの大気からは、9月通水管に指針値を超える水銀が測定されていました。都が再び測定したところ、地下ピット通水管換気直後は全体的に数値が下がっていましたが、1週間後には一部で換気前の状態に通水管戻ってしまったということです。 専門家会議・平田健正座長:「地下水に由来通水管する地下ピットの中の水から気化をしていることは間違いない」 こうしたこと通水管などから、専門家会議は地下ピットの水銀が「たまり水」から気化したと特定して、通水管後はたまり水を排水したうえで再度、大気を測定するよう東京都に指示しました。